企業ネットワーク最前線

キャリア網でも進展する「シェアリングエコノミー」、日本でも動きが活発化

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.11.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

製品やサービス、設備等を共用し、利用者が必要なときに利用してもらう新しいビジネスモデル「シェアリングエコノミー」が注目されている。所有から利用へのシフトという点で、クラウドも同じ流れと言えるが、通信事業者においても今後、設備の共用がトレンドとなる可能性がある。

海外、特に欧州ではネットワークシェアリングは以前から行われてきた。

形態は様々だ。複数の事業者が共同でインフラを敷設・整備する事業会社を作り、そのネットワークを共用したり、国内を複数のエリアに分けて、例えば東半分にA社が、西半分にB社が構築した設備をシェアし合うといったかたちがある。前者の形態は、スウェーデン政府が人口の少ない地域に迅速に通信エリアを広げるために推奨している。後者としては、英国でボーダフォンとO2(テレフォニカ)がインフラを共用している例がある。

また、昨年には、東欧のチェコで新しいモデルも登場した。O2 Czechが、(1)顧客へのサービス提供を主体とする事業体と、(2)インフラ整備に特化する事業体に分離し、(2)を他の事業者と共用する“戦略的機能分離”を行った(図表)。この取り組みでは、アーサー・D・リトル(ADL)が戦略策定やプロジェクトマネジメントを支援したが、ADLジャパン プリンシパルの赤山真一氏によれば、「こうした分離は、これまで政府の規制によって行われてきたが、O2 Czechの例は、事業者が自発的に機能分離を行った世界で初めてのケース」という。

 


図表 O2 CzechのStructural Separation
図表 O2 CzechのStructural Separation

 

分離によって、(1)の側は新サービスの開発・提供に集中でき、(2)もインフラの共用によってコスト削減が図れる。その成果によっては、他国にも同様の動きが広がる可能性がある。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

citrix1704
unisys201702
nissho201702

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハSWX2100-PoE

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます