企業ネットワーク最前線

キャリア網でも進展する「シェアリングエコノミー」、日本でも動きが活発化

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.11.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

製品やサービス、設備等を共用し、利用者が必要なときに利用してもらう新しいビジネスモデル「シェアリングエコノミー」が注目されている。所有から利用へのシフトという点で、クラウドも同じ流れと言えるが、通信事業者においても今後、設備の共用がトレンドとなる可能性がある。

海外、特に欧州ではネットワークシェアリングは以前から行われてきた。

形態は様々だ。複数の事業者が共同でインフラを敷設・整備する事業会社を作り、そのネットワークを共用したり、国内を複数のエリアに分けて、例えば東半分にA社が、西半分にB社が構築した設備をシェアし合うといったかたちがある。前者の形態は、スウェーデン政府が人口の少ない地域に迅速に通信エリアを広げるために推奨している。後者としては、英国でボーダフォンとO2(テレフォニカ)がインフラを共用している例がある。

また、昨年には、東欧のチェコで新しいモデルも登場した。O2 Czechが、(1)顧客へのサービス提供を主体とする事業体と、(2)インフラ整備に特化する事業体に分離し、(2)を他の事業者と共用する“戦略的機能分離”を行った(図表)。この取り組みでは、アーサー・D・リトル(ADL)が戦略策定やプロジェクトマネジメントを支援したが、ADLジャパン プリンシパルの赤山真一氏によれば、「こうした分離は、これまで政府の規制によって行われてきたが、O2 Czechの例は、事業者が自発的に機能分離を行った世界で初めてのケース」という。

 


図表 O2 CzechのStructural Separation
図表 O2 CzechのStructural Separation

 

分離によって、(1)の側は新サービスの開発・提供に集中でき、(2)もインフラの共用によってコスト削減が図れる。その成果によっては、他国にも同様の動きが広がる可能性がある。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ソナス201612
スマートバリュー201612
ソフトバンク201612

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます