ICT×未来

5G時代のコアネットワークは「機能分離で柔らかい」

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.11.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

第5世代移動通信システム(5G)の時代にはコアネットワークの姿も劇的に変わる。求める要件に応じて分散配置された機能を最適に組み合わせる、自動運転型ネットワークを目指す取り組みが始まった。

 

5Gは、携帯電話/スマートフォンを中心とした4G時代までとは異なる多様なニーズに応えるため、高速大容量化だけでない様々な面での進化を目指している。低遅延化や信頼性の向上、そして、大量のデバイスとの接続を実現することも要件に含まれる。

これらを満たすことは、無線通信の進化だけでは不可能だ。コアネットワークの構造も見直す必要がある。

そこでキーとなる要素がいくつかある。1つが、ユーザーの近くにエッジサーバーを分散配置する「モバイルエッジコンピューティング(MEC)」だ。また、分散配置や構成変更を柔軟に行えるようにする「ネットワークスライシング」と「機能分離」の検討も進められている。

モバイルエッジコンピューティングとは?5Gでは、クルマの自動運転や遠隔手術といった高いリアルタイム性が求められる利用シーンを想定し、遅延時間をエンドツーエンドで数msに短縮することを目指している。

それには、アプリケーションの配置を限りなくデバイスに近づける必要がある。現在のモバイルサービスの多くはデータセンター(DC)内のクラウドを利用する形態となっているが、キャリア網からインターネットを経由しDCまで辿る経路を折り返していては、数msの応答性を実現することは到底不可能だ。

この打開策となるのがMECだ。基地局側(エッジ)にサーバーを配置することで物理的距離を縮め、応答時間を短縮する(図表1)。ノキアでテクノロジーマネージャーを務める野地真樹氏は「基地局の真裏にサーバーを置き、そこで終端したり、そこからインターネットに抜けることで応答性が改善される」と話す。

 


図表1 モバイルエッジコンピューティング(MEC)の処理のイメージ
図表1 モバイルエッジコンピューティング(MEC)の処理のイメージ


MECは4G向けにすでにソリューションが提供され、実用化もされている。MECの実装方法と効果、具体的な利用シーンを見ていこう。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamato1703
brocade1703
nw1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
NECプラットフォームズ

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます