ニュース

ローソンも利用するクラウドWi-Fi/SD-WANの「Cisco Meraki」が“待望の”日本語化

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.11.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ニセコ観光園やローソン等でも活用されているクラウド型Wi-Fiソリューション「Cisco Meraki」が、ユーザー企業から要望の多かったダッシュボード画面の日本語化と、製品ポートフォリオの拡充を行った。ネットワーク機器と合わせて一元管理できる監視カメラも新たに発売。国内の営業体制も大幅に強化する。


シスコシステムズは2016年11月18日、クラウド管理型の企業向けネットワーク製品「Cisco Meraki」の日本市場展開に関する記者説明会を開催した。


Cisco Meraki シニア バイス プレジデント兼ジェネラル・マネージャーのトッド・ナイチンゲール氏(左)と、
シスコシステムズ・エンタープライズネットワーク事業担当執行役員の眞崎浩一氏


Merakiは、無線LANアクセスポイント(以下「無線AP」)やLANスイッチ、ファイアウォール等のセキュリティアプライアンスといったネットワーク機器を、クラウドで管理する仕組みと合わせて提供するソリューションだ。ユーザー企業は上記の機器のみを購入・設置し、Webベースの管理画面から一元的に管理することができる。

無線LANコントローラやネットワーク管理システムをオンプレミスで導入・構築する必要がないため、低コストに無線/有線ネットワークを構築できることがMerakiの第一のメリットだ。加えて、クラウド側から一元的に構成・設定変更が行えるため、多数の拠点や店舗を持つ企業は、現地に専任のネットワーク管理者・技術者を置かなくても各拠点・店舗のネットワーク運用をセンター側から行える。



Cisco Merakiのメリットはネットワーク管理のシンプル化


当初は無線LANアクセスポイントの提供から始め、いわゆる「クラウド型Wi-Fi」の市場を開拓。2012年にシスコシステムズが買収した後、LANスイッチやセキュリティアプライアンス(UTM:統合脅威管理)、MDM(モバイルデバイス管理)をラインナップに追加し、LAN/WANの構成、セキュリティの機能等をクラウドから一元管理する「SD-WAN」ソリューションとしてもユーザー数を伸ばしてきた。

Cisco Merakiでシニア バイス プレジデント兼ジェネラル・マネージャーを務めるトッド・ナイチンゲール氏は日本におけるこれまでの展開について、「数は申し上げられないが、新規顧客数は400%で伸びている。日本での展開を始めて約2年になるが、たいへん成功できたと考えている」と述べた。

無線APやセキュリティと一緒に監視カメラも一元管理
クラウドWi-Fi、SD-WANともにユーザーからの関心は高く、今度もさらなる伸びが期待されるが、一方で競合も増えてきている。そこで同社は、クラウドから一元管理できる製品ポートフォリオの強化と、管理性の向上、国内営業施策の拡充などで強化を図る考えだ。

なかでも最大の目玉が、無線APやLANスイッチ、UTM、MDMの設定・管理を行う画面(ダッシュボード)の日本語化だ。シスコシステムズでエンタープライズネットワーク事業担当執行役員を務める眞崎浩一氏によれば、「この2年間、エンドユーザーのお客様やパートナーから最も要望の多かった」点であり、「まったく手を抜いていない完全な日本語化」を実現したという。



日本語化されたダッシュボード画面


製品ポートフォリオの拡充については、新たに監視カメラ「Meraki MV」を11月に発売する。屋内(MV21)および屋外(MV71)の2モデルを用意。無線APやスイッチ等と合わせてMerakiのダッシュボード画面から一元的に管理でき、同画面からカメラ映像の閲覧も可能だ。



新たにポートフォリオに加わる監視カメラ「Meraki MV」


撮影した映像データはカメラ内のストレージに保存され(約20日間)、それをネットワーク経由でストリーミング形式で視聴することができる。ネットワークビデオレコーダー(NVR)等の装置を別に導入する必要がなく、低コストに監視カメラシステムが構築できるのが売りだ。



ダッシュボード画面から監視カメラの映像も視聴できる


また、撮影画像内の人やモノの動きを検知して、変化があったときの映像だけを抽出して閲覧できる「モーション分析」機能も備える。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

caso1704
watchguard1704
necpf1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます