ニュース

ローソンも利用するクラウドWi-Fi/SD-WANの「Cisco Meraki」が“待望の”日本語化

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.11.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ニセコ観光園やローソン等でも活用されているクラウド型Wi-Fiソリューション「Cisco Meraki」が、ユーザー企業から要望の多かったダッシュボード画面の日本語化と、製品ポートフォリオの拡充を行った。ネットワーク機器と合わせて一元管理できる監視カメラも新たに発売。国内の営業体制も大幅に強化する。


シスコシステムズは2016年11月18日、クラウド管理型の企業向けネットワーク製品「Cisco Meraki」の日本市場展開に関する記者説明会を開催した。


Cisco Meraki シニア バイス プレジデント兼ジェネラル・マネージャーのトッド・ナイチンゲール氏(左)と、
シスコシステムズ・エンタープライズネットワーク事業担当執行役員の眞崎浩一氏


Merakiは、無線LANアクセスポイント(以下「無線AP」)やLANスイッチ、ファイアウォール等のセキュリティアプライアンスといったネットワーク機器を、クラウドで管理する仕組みと合わせて提供するソリューションだ。ユーザー企業は上記の機器のみを購入・設置し、Webベースの管理画面から一元的に管理することができる。

無線LANコントローラやネットワーク管理システムをオンプレミスで導入・構築する必要がないため、低コストに無線/有線ネットワークを構築できることがMerakiの第一のメリットだ。加えて、クラウド側から一元的に構成・設定変更が行えるため、多数の拠点や店舗を持つ企業は、現地に専任のネットワーク管理者・技術者を置かなくても各拠点・店舗のネットワーク運用をセンター側から行える。



Cisco Merakiのメリットはネットワーク管理のシンプル化


当初は無線LANアクセスポイントの提供から始め、いわゆる「クラウド型Wi-Fi」の市場を開拓。2012年にシスコシステムズが買収した後、LANスイッチやセキュリティアプライアンス(UTM:統合脅威管理)、MDM(モバイルデバイス管理)をラインナップに追加し、LAN/WANの構成、セキュリティの機能等をクラウドから一元管理する「SD-WAN」ソリューションとしてもユーザー数を伸ばしてきた。

Cisco Merakiでシニア バイス プレジデント兼ジェネラル・マネージャーを務めるトッド・ナイチンゲール氏は日本におけるこれまでの展開について、「数は申し上げられないが、新規顧客数は400%で伸びている。日本での展開を始めて約2年になるが、たいへん成功できたと考えている」と述べた。

無線APやセキュリティと一緒に監視カメラも一元管理
クラウドWi-Fi、SD-WANともにユーザーからの関心は高く、今度もさらなる伸びが期待されるが、一方で競合も増えてきている。そこで同社は、クラウドから一元管理できる製品ポートフォリオの強化と、管理性の向上、国内営業施策の拡充などで強化を図る考えだ。

なかでも最大の目玉が、無線APやLANスイッチ、UTM、MDMの設定・管理を行う画面(ダッシュボード)の日本語化だ。シスコシステムズでエンタープライズネットワーク事業担当執行役員を務める眞崎浩一氏によれば、「この2年間、エンドユーザーのお客様やパートナーから最も要望の多かった」点であり、「まったく手を抜いていない完全な日本語化」を実現したという。



日本語化されたダッシュボード画面


製品ポートフォリオの拡充については、新たに監視カメラ「Meraki MV」を11月に発売する。屋内(MV21)および屋外(MV71)の2モデルを用意。無線APやスイッチ等と合わせてMerakiのダッシュボード画面から一元的に管理でき、同画面からカメラ映像の閲覧も可能だ。



新たにポートフォリオに加わる監視カメラ「Meraki MV」


撮影した映像データはカメラ内のストレージに保存され(約20日間)、それをネットワーク経由でストリーミング形式で視聴することができる。ネットワークビデオレコーダー(NVR)等の装置を別に導入する必要がなく、低コストに監視カメラシステムが構築できるのが売りだ。



ダッシュボード画面から監視カメラの映像も視聴できる


また、撮影画像内の人やモノの動きを検知して、変化があったときの映像だけを抽出して閲覧できる「モーション分析」機能も備える。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1708
macnica1708
nokia1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます