ニュース

スマートテレビが閲覧不可!?――IoT家電をサイバー攻撃から守る方法

文◎唐島明子(編集部) 2016.11.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

トレンドマイクロは報道機関向けに、「IoT時代のホームネットワークに潜む脅威解説セミナー」を開催した。セキュリティ意識が低いホームネットワークは既にサイバー攻撃の対象となっており、スマートテレビが閲覧できなくなるような被害事例も出ているという。


国内の全世帯でブロードバンドが利用できるようになった今、ホームネットワークのセキュリティ対策は欠かせない。

PCやスマートホンのほかにも、ゲーム機器、スマートテレビ、Webカメラなど、様々なデバイスがホームネットワークに接続している。しかしそうしたデバイスは、セキュリティ対策が不十分なものも多く、ホームネットワークはサイバー攻撃者の格好のターゲットになっている。

ホームネットワークに繋がる端末は、Windows、Android、iOS、Mac OSなど、PCやスマートフォンが多いが、プリンタやスマートテレビ、NAS、ゲーム端末なども大きな割合を占めている

「ホームネットワークを狙うサイバー攻撃者は、まず何らかの手段を使ってネットワークに侵入を試みる。侵入に成功したら、彼らはホームネットワーク内の無線LANルーターを攻撃し、PCやスマートフォン、テレビなどがインターネットにアクセスするときに不正サイトへ誘導したり、通信を盗聴したりする」。サイバー攻撃者によるホームネットワークの攻撃シナリオをこう説明するのは、トレンドマイクロのシニアスペシャリスト 森本純氏だ。

トレンドマイクロのシニアスペシャリスト 森本純氏

①②はホームネットワークを攻撃するための常とう手段

国内でもスマートテレビがランサムウェアに感染例えば、ホームネットワークを攻撃する「JITON」という不正プログラムがあるが、これは改ざんされた正規サイトに仕掛けられていたという。スマートフォンなどがホームネットワークからその改ざんサイトへアクセスすると、ルーターの脆弱性を攻撃する不正なプログラムが実行される。

トレンドマイクロの調べによれば、国内では2016年第1四半期に1万6900台の端末からJITONが検出されており、攻撃は今も継続中だという

その攻撃は、ルーターの脆弱性を突いて、ルーター内のDNS設定を書き換えてしまうというもの。これにより、ホームネットワーク内のデバイスが無線LANルーター経由でインターネットにアクセスする時、本来アクセスしようとしているサイトではなく、攻撃者が偽造した不正サイトに接続してしまうのだ。

不正なショッピングサイトやインターネットバンキングサイトに接続し、誘導されるがままに個人情報やクレジットカード情報などを入力すると、それらの情報は攻撃者に盗まれてしまうことになる。

不正サイトにアクセスしてしまうと、個人情報やクレジットカード情報が漏えいしたり、身代金を要求するランサムウェアに感染してしまう可能性がある

あるいは、ウィルス拡散サイトに接続してしまうと、PCやスマートフォンのアプリやファイルがいつの間にか暗号化され、暗号化の解除の対価として身代金を要求するような「ランサムウェア」に感染するといった危険性がある。トレンドマイクロは既に、ランサムウェア「Flocker」に感染してロックされてしまったスマートテレビの例を国内で確認しているそうだが、そのスマートテレビではネットワークに繋がるアプリケーションを使えなくなってしまったという。

ランサムウェアにロックされたスマートテレビの画面イメージ

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

brocade1703
nw1703
yamaha1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハSWX2100-24G

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます