企業ネットワーク最前線

VMwareのクラウド戦略の変化「2016年は重要な転換点になる」

文◎太田智晴(編集部) 2016.11.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

 「2016年は重要な転換点になる」――。VMware CEOのパット・ゲルシンガー氏は2016年11月7日に行われた記者説明会でこう述べた。


大きな転換点を迎えたのは、データセンターの担い手だ。IDCの調査によると、2016年、サービスプロバイダーによるデータセンターの新規構築数が、自社データセンターの新規構築数を逆転した。このトレンドは今後も続き、「ほとんどのデータセンターは、クラウドプロバイダーの手に委ねられる」(ゲルシンガー氏)ことになる。パブリッククラウドの利用が拡大しているからだ。

 

データセンターの担い手はサービスプロバイダー
データセンターは「DIY」から「サービスプロバイダー」へ

 

ゲルシンガー氏によれば、世界のITワークロード数に占めるパブリッククラウドの比率は、まだ15%にとどまっている。しかし、2021年には30%、そして2030年には世界のITワークロードの52%がパブリッククラウドになるという。

 

2030年のITワークロード数
2030年のITワークロード数の予測。パブリッククラウドが52%、プライベートクラウドが29%と大半がクラウド化する

 

こうしたなかVMwareは、プライベートクラウドとともに、パブリッククラウドにも注力してきたわけだが、最近その戦略には変化が見られる。

今年4月、同社のパブリッククラウドサービス「vCloud Air」の日本ロケーションでの提供終了をアナウンス。また今年10月には、パブリッククラウド最大手であるAWSと提携し、AWSのベアメタル上でVMware環境を実現する「VMware Cloud on AWS」を提供すると明らかにした。

VMwareのパブリッククラウド戦略は、よりパートナー重視の方向へとシフトしており、今年8月にはプライベートクラウドや他社のパブリッククラウドまでを統合管理する「VMware Cross-Cloud Architecture」も発表している。

 

Cross-Cloud Architecture
Cross-Cloud Architectureの概念図

 

ゲルシンガー氏は、「クラウドに自由とコントロールを与えるのが我々の仕事だ」という言い方で同社のハイブリッドクラウド戦略を説明した。

「日本のベストプラクティスを海外へ」さて、この日新たに発表されたのは、ハイブリッドクラウド推進のためのパートナーシップ強化だ。VMware日本法人の代表取締役社長を務めるジョン・ロバートソン氏は、「Cross-Cloud Architectureとパートナーシップを活用して、顧客のハイブリッドクラウド化を強力に推進する」と説明した。

記者説明会には、日本における有力なVMware vCloud Air Network Program(vCAN)パートナーであるIIJ、NTTコミュニケーションズ、ソフトバンク、ニフティ、日本アイ・ビー・エム、富士通の6社も登壇し、それぞれVMwareとのパートナーシップについて語った。

 

VMware
VMware CEOのパット・ゲルシンガー氏(左から4番目)と日本法人社長のジョン・ロバートソン氏(左から5番目)、そして国内の有力vCANパートナーの代表者たち


vCANは同社のサービスプロバイダー向けエコシステムで、vCANパートナーはVMwareの技術をベースにしたパブリッククラウドサービスなどを提供している。

これらのvCANパートナーにとって、VMware Cloud on AWSは強力なライバルの登場を意味するが、ロバートソン氏は日本のvCANパートナーには大きなアドバンテージがあるという。それは、高水準のSLAと手厚いサポートサービスの2つだ。ミッションクリティカルなアプリケーションにおいては、信頼できるパートナーのクラウドを使いたいというニーズが強いとした。

また、これは日本固有のニーズではないとも指摘。ロバートソン氏は「日本のベストプラクティスは海外に持っていける」と語り、グローバル市場での連携強化をさらに進めていきたい考えを示した。

なお、日本国内でのVMware Cloud on AWSの提供時期は、まだ未定だという。

スペシャルトピックスPR

nw1703
yamaha1704
caso1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe0523
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます