企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 2016 講演レポート

「ワークスタイル変革を成功に導くため、まず最初に行うべきこと」、テクバン半澤氏

文◎百瀬崇(ライター) 2016.11.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

独立系のシステムインテグレーターであるテクバンは、独自の手法で企業のワークスタイル変革をサポートしてきた。同社の半澤直樹氏は、「ワークスタイル変革で最も重要なのは、ニーズの分析とグルーピング。その次に管理概念を“人中心”に転換することだ」という。同社が考えるワークスタイル変革の秘訣が明らかにされた。

 

「既存のワークスタイルを継続することは、優秀な人材の確保と維持にとってマイナス。競争力は低下し、これからのビジネス環境を勝ち抜くことはできない」――。

講演の冒頭でテクバンの半澤直樹氏はこう話した。その根拠となるのが、デトロイト トーマツ コンサルティングによる「ワークスタイル実態調査」である。

 

テクバン ITビジネス第2本部 インフラソリューション部 ユニファイドコラボレーション課 ICTクリエイター 半澤直樹氏
テクバン ITビジネス第2本部 インフラソリューション部 ユニファイドコラボレーション課 ICTクリエイター 半澤直樹氏

 

同調査によると、ワークスタイル変革の目的として、「多様な人材の維持・獲得」「イノベーションの創出(新商品開発など)」「コミュニケーションの活性化」の3つを挙げている企業の割合が多い。

しかも、2013年の調査よりも、2015年の調査の方が、この3つが選択される割合が増えている。その一方、ワークスタイルの変革の目的として、「費用削減」を選択した企業の割合は18%も減った。

ワークスタイル変革の目的の変化
ワークスタイル変革の目的の変化


半澤氏は、このデータから次のような見解を示す。

「従来、『コミュニケーションの活性化』の目的の中には、時間などのロスの排除の割合がそれなりにあった。だが、現在では『イノベーションの創出』がワークスタイル変革の主要な目的として割合を伸ばしている。つまり、多様な人材を活用するとともに、活発なコミュニケーション環境を整えることが、イノベーションの創出につながるという期待が高まっている」

また、同調査で注目したいポイントとして、「ワークスタイル変革の実施状況」の結果も挙げた。残念ながら、「変革へのニーズを感じているが、実施には至っていない」企業が依然として50%を占めている。この数字は2013年の結果とまったく変わらない。

「変革へのニーズを感じているが、実施には至っていない」割合は2年前の調査と変わらず50%
「変革へのニーズを感じているが、実施には至っていない」割合は2年前の調査と変わらず50%

 

一体、ワークスタイル変革の必要性を感じながら、実行に移せない理由は何なのか。同調査では、「人事労務に関する懸念」が59%で最大の理由になっている。具体的には「時間管理が困難」「業務管理が困難」「評価が困難」の3つが上位に挙がっているが、これについて半澤氏は「多くは管理側の意見であると考えられる。批判されるのを承知で言うと、『困難』と言いながら、実際は『面倒』なだけということが往々にしてある」と指摘した。

ワークスタイル変革を阻む課題
ワークスタイル変革を阻む課題

 

スペシャルトピックスPR

uniadex1709
nec1707
emc

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます