新製品&新サービス

「デジタル時代」の安全はこう守れ! ―― シスコが新たなクラウドセキュリティサービスを発表

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.10.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

今や、自宅や外出先からクラウドサービスを使って業務を行うことが当たり前になった。だが、そこで頭を悩ませているのがセキュリティ管理者だ。既存のセキュリティの仕組みを“飛び越えて”様々なアプリ/サービスを利用する従業員の活動をどう可視化し制御するのか――。シスコがその解決策となる新ソリューションを発表した。

内部対策が重要と言われるが、その「内部」の考え方、境界線の考え方が変わってきている――。

そう語るのは、シスコシステムズでセキュリティエバンジェリストを務める西原敏夫氏だ。在宅勤務や外出先のテレワーク/モバイルワーク環境から社内システムにアクセスしたり、直接インターネットにアクセスしてクラウドサービスを使うといった働き方が当たり前になり、セキュリティを担保するうえでの「内部対策」が従来以上に困難になってきている。


シスコシステムズ セキュリティ事業 セキュリティエバンジェリストの西原敏夫氏


企業がビジネスのデジタル化を進めるなか、そうした新しいICT利用形態に即したセキュリティ対策が求められるようになっている。

このニーズに応えるためシスコシステムズは2016年10月18日、企業のデジタル化を支えるソリューションとして、新たなセキュリティ対策製品/サービスを発表した。15年~16年にかけて買収したCloudLockならびにOpenDNSの製品をシスコのセキュリティ対策製品と統合・連携させたもので、「CloudLockプラットフォーム」「Cisco Umbrellaサービス」「Cisco Umbrella Orchestrator」の3つを、16年12月から順次発売する。



今回発表したシスコのクラウドセキュリティプラットフォームの全体像

「デジタル時代のセキュリティ」5つのキーポイント

これら新製品/サービスの発表に当たり西原氏は、「デジタルビジネスのセキュリティ対策」において重要なキーポイントを5つ挙げた。「可視性」「自動化」「レトロスペクティブ」「インテリジェンス」「クラウドセキュリティ」だ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nw1703
yamaha1704
caso1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハSWX2100-PoE

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます