企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 2016 講演レポート

「働き方改革で労働効率向上や風土改革を狙う」、日本ユニシス丸尾氏

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.10.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本ユニシスは今春、新ビジョン「Workstyle Foresight 2016」を策定し、在宅勤務の促進やサテライトオフィスの整備、スマートデバイス/クラウドの活用を軸とした働き方改革の取り組みを加速させている。場所や時間に制約されない新しい働き方により、生産性30%向上、イノベーションを喚起する風土の醸成、個人の生活充実と成長促進、の3つを実現させるのが目的だ。

 

日本ユニシスは今期、働き方改革の新ビジョン「Workstyle Foresight 2016」を発表した。その目的の1つに掲げられているのが「生産性30%向上」である。

同社グループの従業員数は、就業人口の減少などを背景に、2014年度末の約8,000名から、3年後の2017年度末には約7,500名に減る見込みだ。こうしたなか、いかにさらなる成長を目指していくのか。そのための改革の指針となるのがWorkstyle Foresightである。

 

Workstyle Foresight 2016のコンセプト
Workstyle Foresight 2016のコンセプト

 

生産性30%向上という数値について、日本ユニシス サービス企画部 共通SaaS企画室の丸尾和弘氏は、「30%向上というと、従来とは発想を変えなければ実現できないが、頑張れば到達できそうだと思える目標値」と話した。では、日本ユニシスはWorkstyle Foresightでどのような改革を推進しているのだろうか。丸尾氏は、(1)在宅勤務・テレワーク、(2)オフィス環境の改革、(3)モバイルワークの3つを中心に説明した。

 

日本ユニシス サービス企画部 共通SaaS企画室 丸尾和弘氏
日本ユニシス サービス企画部 共通SaaS企画室 丸尾和弘氏


在宅勤務を成功させる鍵は「コミュニケーション環境」日本ユニシスが在宅勤務制度を導入したのは2008年頃。場所にとらわれない働き方を可能にすることで、人材確保や生産性向上につなげるのが狙いだ。

現在は約120名が在宅勤務制度を利用している。利用者の内訳は、SEが58%、バックオフィス・スタッフが21%、企画職が14%、その他(研究職など)が6%で、広い職域にわたっているのが特徴だ。アンケートによると、利用頻度は週2回以下が6割を占め、週5日の「フル在宅」は4%と少数である。すなわち、「在宅勤務者」といっても会社に全く来ないわけではないため、職場との疎外感を感じたりすることは少ない。

週に1、2日不在にする程度であれば、制度や仕組みの上ではもはや外出勤務(モバイルワーク)が多い人の働き方とほぼ変わらないと捉えることができるだろう。

在宅勤務を行う理由(複数回答)としては、「育児」(54%)や「介護」(17%)、「怪我/病気による通勤負荷軽減」(17%)が多いが、「プライベートの充実(通勤時間の削減等)」も26%ある。

「制度上は、特別な理由がなくても上司に申請して認められれば自宅で仕事ができるが、こうした点はまだあまり従業員に認知されていない。在宅勤務をもっと利用しやすくなるよう、さらに仕組みを整備していこうとしている」と丸尾氏は語った。

 

在宅勤務を行っている理由
在宅勤務を行っている理由と在宅勤務者の男女比



在宅勤務を円滑に行うためのポイントとして丸尾氏が挙げるのが、コミュニケーション環境だ。「1人で仕事をしていても、何かあった時にちょっと話しかけられる/確認が取れる、という状態を作ることが重要だ」という。

日本ユニシスの場合は「Skype for Business」を活用し、チャットやビデオ会議による密なコミュニケーションを実現しているという。Skype for Businessは在宅勤務に限らない社内コミュニケーションツールとして広く利用されている。

スペシャルトピックスPR

Dialpad
ted1803
aruba1803

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます