ニュース

NTTが250Gbpsの短距離光伝送に成功――データセンタの1Tbps級光伝送につながる技術として期待

文◎business network.jp編集部 2016.09.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTは2016年9月23日、高速信号を生成する新技術「帯域ダブラ技術」を用いて、イーサネットなどで使われている光強度変調方式で250Gbpsの短距離光伝送に成功したと発表した。

データセンタなどで用いられているイーサネットをはじめとする短距離光通信では、光信号の強度のみを変化させ、1つのレーザー光源と1つの光受信素子を使う単純な変調方式が用いられてきた。近年の光伝送は、効率よく情報を送るために複雑な波形を利用しており、デジタル信号処理チップで信号を生成して送信する方法が取られている。

デジタル信号処理チップの出力部分に設けられたDACと呼ばれるCMOS電子回路は、周波数帯域が30GHz程度。250Gbps級の伝送に必要となる高速な信号の出力は60GHz以上の広い周波数帯域を必要とするが、それは難しかった。

今回NTTが開発した「帯域ダブラ技術」は、DACの出力限界速度の影響受けないようにチップ内で入力信号を処理し、DACの出力限界速度以下の低速な信号に変換して2系統の信号として出力する。その後、デジタル信号処理チップの外部に接続したCMOS電子回路よりも高速動作が可能な化合物半導体の電子回路(AMUX)を用いて1つに合成することで、ボトルネックを解消した。

さらに、AMUXで生成が予想される余分な信号は、AMUXで合成されるときに打ち消しあうように逆算して前置信号処理で2系統の信号を設定する手法で、正確に高速信号を生成する。

この実験の成功により、4波長を多重化することで1Tbps級の短距離光伝送をはじめとした大容量光通信など高速変調信号が必要とされる様々な分野への展開が期待されるという。

帯域ダブラ技術と従来技術の比較

スペシャルトピックスPR

nec1707
emc
yamato1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます