ニュース

NTTが250Gbpsの短距離光伝送に成功――データセンタの1Tbps級光伝送につながる技術として期待

文◎business network.jp編集部 2016.09.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTは2016年9月23日、高速信号を生成する新技術「帯域ダブラ技術」を用いて、イーサネットなどで使われている光強度変調方式で250Gbpsの短距離光伝送に成功したと発表した。

データセンタなどで用いられているイーサネットをはじめとする短距離光通信では、光信号の強度のみを変化させ、1つのレーザー光源と1つの光受信素子を使う単純な変調方式が用いられてきた。近年の光伝送は、効率よく情報を送るために複雑な波形を利用しており、デジタル信号処理チップで信号を生成して送信する方法が取られている。

デジタル信号処理チップの出力部分に設けられたDACと呼ばれるCMOS電子回路は、周波数帯域が30GHz程度。250Gbps級の伝送に必要となる高速な信号の出力は60GHz以上の広い周波数帯域を必要とするが、それは難しかった。

今回NTTが開発した「帯域ダブラ技術」は、DACの出力限界速度の影響受けないようにチップ内で入力信号を処理し、DACの出力限界速度以下の低速な信号に変換して2系統の信号として出力する。その後、デジタル信号処理チップの外部に接続したCMOS電子回路よりも高速動作が可能な化合物半導体の電子回路(AMUX)を用いて1つに合成することで、ボトルネックを解消した。

さらに、AMUXで生成が予想される余分な信号は、AMUXで合成されるときに打ち消しあうように逆算して前置信号処理で2系統の信号を設定する手法で、正確に高速信号を生成する。

この実験の成功により、4波長を多重化することで1Tbps級の短距離光伝送をはじめとした大容量光通信など高速変調信号が必要とされる様々な分野への展開が期待されるという。

帯域ダブラ技術と従来技術の比較

スペシャルトピックスPR

recomot201701
ゼンハイザー201701
unisys201702

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます