新製品&新サービス

ヤマハ、新製品「WLX402」は802.11ac wave2対応のフラッグシップ機

文◎business network.jp編集部 2016.09.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ヤマハは2016年9月20日、無線LANアクセスポイントの新製品「WLX402」を発表した。価格は9万9800円で、11月に提供開始予定。5GHz帯のIEEE 802.11ac wave2に対応し、最大1.7Gbit/sで通信可能だ。


無線LANアクセスポイント「WLX402」。サイズは232(W)×45(H)×272(D)mm

この製品は、多拠点展開している店舗やオフィスビルを無線化する場合にも、安定した通信を提供する。5GHz帯と2.4GHz帯を同時に使用可能で、それぞれ50台ずつ、合計100台の端末を同時に接続できる。

また、最大1.7Gbit/sの5GHz帯と最大300Mbit/sの2.4GHz帯を有効活用できるよう、LANインターフェースを2ポート用意。リンクアグリゲーションにより2ポート束ねれば、LAN側でも無線LANの最大速度で有効に通信することが可能だという。

従来の無線LANアクセスポイントで提供している無線LANの見える化機能や、自律型の無線LANコントローラー機能をWLX402にも搭載した。コントローラーとして設定したWLX402から、最大49台の無線LANアクセスポイントの設定・管理が行える。

他には、ロギング機能を強化した。無線LANコントローラーに設定したWLX402のUSBポートにUSBメモリーを挿しておけば、管理対象の無線LANアクセスポイントのログをコントローラーに集約する。集約したログは、MACアドレス、IPアドレスなどのキーワードで検索・抽出可能で、抽出したログはGUIからPCへ保存できる。

さらに、WLX402は、無線の電波を有効活用するため、反射板を標準添付した。反射板を取り付けることで、本体前方で快適に通信できるエリアが広がる。具体的には、送信時はアンテナが裏面に放射した電波を反射板が前側へ反射させ、本体後側の電波を有効に前側へ放射する。受信時は、アンテナが受信できなかった電波を反射板がアンテナ方向へ反射させ、受信電力を増大させる。

反射板の効果(イメージ)

スペシャルトピックスPR

nissho201702
ゼンハイザー201612
ソナス201612

>> 関連記事

記事はありません。

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます