新製品&新サービス

ヤマハ、新製品「WLX402」は802.11ac wave2対応のフラッグシップ機

文◎business network.jp編集部 2016.09.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ヤマハは2016年9月20日、無線LANアクセスポイントの新製品「WLX402」を発表した。価格は9万9800円で、11月に提供開始予定。5GHz帯のIEEE 802.11ac wave2に対応し、最大1.7Gbit/sで通信可能だ。


無線LANアクセスポイント「WLX402」。サイズは232(W)×45(H)×272(D)mm

この製品は、多拠点展開している店舗やオフィスビルを無線化する場合にも、安定した通信を提供する。5GHz帯と2.4GHz帯を同時に使用可能で、それぞれ50台ずつ、合計100台の端末を同時に接続できる。

また、最大1.7Gbit/sの5GHz帯と最大300Mbit/sの2.4GHz帯を有効活用できるよう、LANインターフェースを2ポート用意。リンクアグリゲーションにより2ポート束ねれば、LAN側でも無線LANの最大速度で有効に通信することが可能だという。

従来の無線LANアクセスポイントで提供している無線LANの見える化機能や、自律型の無線LANコントローラー機能をWLX402にも搭載した。コントローラーとして設定したWLX402から、最大49台の無線LANアクセスポイントの設定・管理が行える。

他には、ロギング機能を強化した。無線LANコントローラーに設定したWLX402のUSBポートにUSBメモリーを挿しておけば、管理対象の無線LANアクセスポイントのログをコントローラーに集約する。集約したログは、MACアドレス、IPアドレスなどのキーワードで検索・抽出可能で、抽出したログはGUIからPCへ保存できる。

さらに、WLX402は、無線の電波を有効活用するため、反射板を標準添付した。反射板を取り付けることで、本体前方で快適に通信できるエリアが広がる。具体的には、送信時はアンテナが裏面に放射した電波を反射板が前側へ反射させ、本体後側の電波を有効に前側へ放射する。受信時は、アンテナが受信できなかった電波を反射板がアンテナ方向へ反射させ、受信電力を増大させる。

反射板の効果(イメージ)

スペシャルトピックスPR

watchguard1704
necpf1704
citrix1704

>> 関連記事

記事はありません。

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ウォッチガード

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます