企業ネットワーク最前線

ビジネスチャットで若手社員の「モチベーション向上」を実現したピーアーク

文◎村上麻里子(編集部) 2016.09.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ピーアークホールディングスは、事業会社や店舗の垣根を越えて情報を共有する目的から「WowTalk」を導入した。若手スタッフの企画が全社的に評価され、組織モチベーションの向上につながっている。

 

レジャー産業大手のピーアークホールディングスは、パチンコホールを中心にインターネットカフェなど36店舗を関東地方で展開する。

同社は2015年4月、主に社員間のコミュニケーション促進を目的として、506人いる社員全員にスマートフォンを配布した。

「店舗型ビジネスでは他店のスタッフとコミュニケーションの機会がなく、お互いに顔も知らないことが少なくない。会社の規模が大きくなり分社化したことで、事業会社間でも情報が共有されなくなっていた。その中で、チャレンジとモチベーションを共有するためにどのような手法がベストなのかを何年も探っていた」と広報ディレクターの奥谷洋章氏は話す。

こうした課題を解消するためのツールとして選ばれたのが、キングソフトのビジネスチャット「WowTalk」だった。

ピーアーク
広報ディレクターの奥谷洋章氏(右)とピーアーク東京代表取締役の小栗健氏

 

WowTalkは、チャット形式で迅速な社内コミュニケーションを可能にする「トーク」、社内専用の掲示板に共有事項を投稿・発信する「タイムライン」といった機能をスマートフォンやタブレット、PCで利用できるサービス。社内でいくつかのビジネスチャットを比較検討した中で、「シンプルさ」「わかりやすさ」が決め手となった。

「どれほど高機能でも、使い勝手が良くなければやがて使われなくなってしまう。WowTalkならLINEやFacebookと同じような使い方で、スタッフ全員がすぐに使いこなせると確信した」(奥谷氏)という。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

unisys201702
nissho201702
yamato1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ウォッチガード

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます