ICT×未来

センサーとAIで「Internet of Animals」!牛用ウェアラブルで飼育にイノベーション

文◎唐島明子(編集部) 2016.09.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ファームノート代表取締役
小林晋也氏

ウェアラブルデバイスを着用するのは、なにも人間やペットだけではない。酪農・畜産農家が飼育している牛に装着すれば、これまでは気づくことが難しかった牛の発情や疾病兆候といった異変を把握できるようになる。


「一番ウケているのは、牛の目の前でその牛のデータが見られること」。ファームノート代表取締役の小林晋也氏は、クラウド牛群管理サービス「Farmnote」についてこう語る。

ファームノートは北海道帯広市からスタートした、今、勢いのある“農業”ベンチャーだ。

同社が開発・提供するFarmnoteは、酪農・畜産農家が飼育している牛の個体識別番号、出生日、病歴、搾乳量、種付けなど、牛に関するあらゆるデータをスマートフォンやタブレットといったデバイスから入力し、そのデータをPCなどマルチデバイスで閲覧できるようにするクラウドサービスだ。2014年11月の正式提供開始から2年を待たずに1300の酪農・畜産農家で導入され、12万頭の牛を管理するようになった。

スマートデバイス用アプリを利用すれば、牛の目の前でその牛のデータを確認できる

多くの酪農・畜産農家は従来、こんな課題を抱えていた。「牛舎での作業中に異常な行動をとっている牛を発見しても、その牛の病歴や種付けなどを確認するには遠く離れている事務所へ戻って紙の台帳をパラパラとめくるしか方法がない。労力も時間もかかり、迅速な対応が難しい」

しかしFarmnoteを利用すれば、牛の目の前に居ながらその牛の記録を確認し、素早く対処できる。

このように、日本の酪農・畜産農家に着々と浸透しているFarmnoteだが、より一層のパワーアップにつながる牛用ウェアラブルデバイス「Farmnote Color(以下、Color)」が、2016年8月5日に発売開始となった。これにより、牛をインターネットに繋ぐ「Internet of Animals」の世界が実現できる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

caso1704
watchguard1704
necpf1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ウォッチガード

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます