ICT×未来

センサーとAIで「Internet of Animals」!牛用ウェアラブルで飼育にイノベーション

文◎唐島明子(編集部) 2016.09.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ファームノート代表取締役
小林晋也氏

ウェアラブルデバイスを着用するのは、なにも人間やペットだけではない。酪農・畜産農家が飼育している牛に装着すれば、これまでは気づくことが難しかった牛の発情や疾病兆候といった異変を把握できるようになる。


「一番ウケているのは、牛の目の前でその牛のデータが見られること」。ファームノート代表取締役の小林晋也氏は、クラウド牛群管理サービス「Farmnote」についてこう語る。

ファームノートは北海道帯広市からスタートした、今、勢いのある“農業”ベンチャーだ。

同社が開発・提供するFarmnoteは、酪農・畜産農家が飼育している牛の個体識別番号、出生日、病歴、搾乳量、種付けなど、牛に関するあらゆるデータをスマートフォンやタブレットといったデバイスから入力し、そのデータをPCなどマルチデバイスで閲覧できるようにするクラウドサービスだ。2014年11月の正式提供開始から2年を待たずに1300の酪農・畜産農家で導入され、12万頭の牛を管理するようになった。

スマートデバイス用アプリを利用すれば、牛の目の前でその牛のデータを確認できる

多くの酪農・畜産農家は従来、こんな課題を抱えていた。「牛舎での作業中に異常な行動をとっている牛を発見しても、その牛の病歴や種付けなどを確認するには遠く離れている事務所へ戻って紙の台帳をパラパラとめくるしか方法がない。労力も時間もかかり、迅速な対応が難しい」

しかしFarmnoteを利用すれば、牛の目の前に居ながらその牛の記録を確認し、素早く対処できる。

このように、日本の酪農・畜産農家に着々と浸透しているFarmnoteだが、より一層のパワーアップにつながる牛用ウェアラブルデバイス「Farmnote Color(以下、Color)」が、2016年8月5日に発売開始となった。これにより、牛をインターネットに繋ぐ「Internet of Animals」の世界が実現できる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

panasonic201701
nttsoft201701
recomot201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ibm20170222
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます