新製品&新サービス

NTT東がロボットサービスを開始、第一弾は「介護支援ロボ」

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.08.31

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTT東日本がロボットサービス事業に乗り出す。“コミュニケーションロボット”向けの各種機能をクラウドから提供するプラットフォームサービス「ロボコネクト」を9月1日から提供開始。第一弾として、ヴイストン社の「Sota」を使った介護事業者支援サービスを始める。

NTT東日本は2016年9月1日から、ロボットプラットフォームサービス「ロボコネクト」の提供を開始する。


“コミュニケーションロボット”の機能をクラウドで提供する


ロボコネクトは、人との会話などを行うことを目的とする“コミュニケーションロボット”を活用して、会話機能やカメラ撮影機能等のアプリケーションサービスをクラウドで提供するサービスだ。ロボットメーカー各社が製造・販売する多様なロボットに対応し、目的や用途に応じた機能を提供する計画。第一弾としてヴイストン社が提供するコミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」を使い、介護事業者向けのサービスを始める。



第一弾としてヴイストン社のコミュニケーションロボット「Sota」が対応した。
右はNTT東日本のビジネス開発本部第三部門・未利用層開拓担当課長の菅光介氏


NTT東日本・ビジネス開発本部第三部門で未利用層開拓担当課長を務める菅光介氏は、「ロボットを使ってコミュニケーションの補助を行うことによって、介護現場における課題解決に寄与していきたい」と話した。

業種や用途に応じてアプリケーションをプラス
ロボコネクトが備える機能は次の5つだ。



ロボコネクトの提供イメージ


1つは、ロボットを端末として用い、コミュニケーションする相手の音声をデータとしてクラウドに送って解析・処理を行った結果をロボットが音声で回答する「コミュニケーション機能」。例えば、Sotaに対して「明日の東京の天気は?」と話しかけると、クラウドで結果を返し、Sotaが「明日の天気は雨だよ。ジメジメして僕サビちゃう」などと返答する。

2つ目は、カメラ撮影機能で、Sotaの額にあるカメラで写真を撮影し、クラウドに保存。PCやスマートフォン、タブレット等からブラウザで閲覧したり、メールで送信したりすることが可能だ。

3つ目は、遠隔対話機能。Sotaのカメラとマイクを使って、遠隔地にいる人がSotaの前にいる人と対話できる。遠隔地の人はブラウザ上のWebアプリからテレビ電話をかける要領で使用する。



ロボコネクトの主要な機能


以上のほか「ユーザー管理機能」と「付加アプリ利用許諾機能」を加えた5つを基本機能として提供する。

付加アプリ利用許諾機能とは、前述の基本機能に加えて、特定の業種や利用シーンに応じた付加アプリケーションをロボコネクトからロボットに対して提供するためのものだ。

今回、介護事業者向けには、キューアンドエー社が開発する介護レクリエーション(高齢者施設等で行われる、身体を動かしたりストレスを解消したりするゲームや運動など)用アプリ「Sotaレク」を提供する。

体操や歌、ゲーム、脳トレなど6種類、80超のコンテンツを用意しており、介護スタッフによるレクリエーション進行をSotaが補助したり、あるいはSotaが自動でレクリエーションを進行することも可能という。



介護事業所向けレクリエーション機能を付加アプリケーションとして提供する


NTT東日本は今回のサービス提供に向けて2015年8月から実際の介護施設でトライアルを実施。菅氏によれば、介護レクリエーションの企画、進行が介護士の大きな負担となっているという。また、被介護者の積極性を引き出すことも課題だ。感情移入がしやすい“かわいさ“をもったコミュニケーションロボットと、コンテンツアプリ等を組み合わせることで、介護士の負担軽減、被介護者の積極性向上に貢献していきたいという。

加えて、NTT東日本としては、ロボコネクトによってインターネット利用率が低いシニア層の開拓を進めるのが狙いだ。

インターネット利用率は、13~59歳で90%を超えているものの、60~64歳が81.6%、65~69歳が71.4%、70~79歳が53.5%、80歳以上は20.2%と、60歳以降は徐々に下がっていく現状にある。このシニア層のインターネット利用率を高めるための施策として、活動的な“アクティブシニア層”に対しては、直感的にタブレットを操作できるように、ボタンの大きなインターフェースやオンラインショッピングサイト等への自動ログイン機能等を採用した「かんたんタブレット」サービスを16年6月から提供している。

一方、今回のロボコネクトと介護事業者向けサービスは、介護支援・要介護層に対するインターネット利用促進策と言える。トライアルでは、88%の介護職員が負担軽減を実感し、介護を受ける高齢者も96%が積極性の向上を実感するなど、「一定の効果が見られた」と菅氏。初年度で「250体程度の販売を目標としたい」と話した。



Sotaの販売価格は10万円(税抜)。
色はネイビーブルー、オレンジ、ライトブルーの3色を用意した


ロボコネクトの利用料金は、次の通り(すべて税抜き価格)。

初期費用は、1ユーザー当たり契約料が800円、サーバー登録料(1ライセンス)が1000円。月額利用料(1ライセンス)は3000円。Sotaは1体10万円で、NTT東日本が販売する。

付加アプリケーションサービスである「Sotaレク」は、初期費用(STB本体価格+設置・設定費用)が5万円、年額利用料が1万4400円となっている。

スペシャルトピックスPR

caso1804
ted1804
palo1804

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT FUTURE CITY
 [IoTは暮らしをどう変えるか]“おらが街”もデジタル化
 [柏の葉スマートシティ]IoT事業創造の一大拠点に
 [Fujisawa サスティナブル・スマートタウン]持続的に成長する街を
 [Fukuoka City LoRaWAN]IoTで変化を生み出す街


◆[インタビュー] NEC 河村厚男常務「キャリア事業を構造改革」 ◆「日中間通信」の課題と攻略法 ◆ソフトバンクが日本初のNB-IoT ◆モバイル市場の公正競争の今後 ◆急成長するシスコの“サービス”事業

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます