導入ガイド

ホワイトボックススイッチ特集【第3回】

運用費は4割!「ホワイトボックススイッチ」の導入効果をケーススタディ

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.09.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

国内最大級のアドプラットフォーム、アドネットワーク事業を国内外で展開するマイクロアド(本社:東京都渋谷区)。昨年、ホワイトボックススイッチを導入した同社に、採用理由と実際の導入効果を聞いた。

 

国内最大級のインターネット広告プラットフォーム「MicroAd BLADE」「MicroAd COMPASS」を展開し、国内と海外拠点を合わせて約1万2000社の広告主にサービスを提供しているマイクロアド。同社は2015年、Cumulus NetworksのネットワークOS「Cumulus Linux」と、Penguin Computingのホワイトボックススイッチ(ホワイトボックススイッチ)を導入した。

広告プラットフォームで取得される膨大なログ情報を蓄積・分析するデータベースシステムを新たに構築するに当たり、上記2社の製品でネットワークを構築。10GBスイッチ6台の構成で15年12月に稼働を開始した。16年7月現在で、スイッチ10台に拡張している。

 

 

マイクロアド システム開発部 シニアエンジニアの元井正明氏(右)と、羽田幸太氏
マイクロアド システム開発部 シニアエンジニアの元井正明氏(右)と羽田幸太氏


Linuxエンジニアがすべてを管理マイクロアドがCumulus Linuxとホワイトボックススイッチに期待したのはコスト低減と、ネットワーク構築・管理手法の刷新だ。同社でデータセンターインフラの構築・運用を担当するシステム開発部・シニアエンジニアの元井正明氏は、コスト効果について次のように語る。

「従来型スイッチで同じ構成を組んだ場合と比べてイニシャルは7割、ランニングは4割程度まで下がった」

また、ネットワーク構築・管理の方法も大きく変化した。システム開発部の羽田幸太氏は「当社のインフラのエンジニアには『ネットワーク専門』の人員はいない。全員がサーバーからネットワークまで管理するため、スイッチOSごとにコマンドが異なると、管理のハードルが高くなってしまう。しかし、Cumulus LinuxならLinuxがベースなので、サーバーもネットワークも同じスキルで管理できる」と話す。

装置ごとにエンジニアに求められるスキルが異なれば当然、エンジニアの学習コストがかかる。その必要なく導入できて、既存のスキルセットで運用できることは非常に大きなメリットだ。

ただし、両氏とも当初はホワイトボックススイッチについての知識がなく「スイッチがLinuxで動くらしいと聞いたことがあった程度」(羽田氏)。どのような経緯で採用に至ったのか、また構築・運用において課題はなかったのか、上記の効果の検証も含めて詳しく見ていこう。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

takarajoho1706
yamaha1706
sony1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Dbanner

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
iot13
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます