企業ネットワーク最前線

オンプレミスとクラウドはどうつなぐ?――ネットワンの提案は「クラウドHUB」

文◎太田智晴(編集部) 2016.08.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ネットワンシステムズ 横山哲雄氏

ネットワンシステムズは2016年8月25日、ハイブリッド/マルチクラウドに適したネットワーク環境をサービスとして提供する「クラウドHUBサービス」を発表した。オンプレミスとクラウドを安全・多機能・高性能に接続できるという。

 

企業システムのクラウド化が進展しているが、そのほとんどはオンプレミスとパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドだ。また、複数のパブリッククラウドを使い分けるマルチクラウドも増えている。

つまり、企業のネットワーク担当者にとって今、最大のテーマの1つとなっているのが、オンプレミスとクラウド、さらにクラウド間をいかに高品質かつセキュアにつなぐか。当然、運用負荷やコストも抑えなければならない。

こうしたニーズに応えるため、ネットワンシステムズが開始したのが「クラウドHUBサービス」だ。オンプレミスとクラウドをつなぐ「ネットワーク接続点(HUB)」をサービスとして提供するもので、同社 市場開発本部 ソリューション・サービス企画室 シニアマネージャーの横山哲雄氏は「お客様の声から生まれたサービス」と強調した。

 

クラウドHUBサービスの概要
クラウドHUBサービスの概要


AWSやAzureなどマルチクラウドとの閉域接続に対応クラウドHUBサービスは、様々な機能で構成される予定だが、8月から提供が始まったのは、パブリッククラウドと閉域網接続するための「クラウドコネクタ」だ。現時点では、AWSおよびAzureとの閉域網接続が可能で、今後Office 365やSoftLayerなどにも対応していく計画だという。

 

 

マルチクラウド閉域網接続機能の概要
マルチクラウド閉域網接続機能の概要


AWSやAzureとの閉域網接続を提供するサービスは、通信事業者などから、すでに数多く提供されている。そうした既存サービスと比較した優位性としてまず挙げられたのは、マルチクラウドへの対応だ。「AWS/Azure専有型デュアルコネクト」というプランが用意され、1つのプランでマルチクラウドに接続できる。「AWS用、Azure用と別々に用意する必要はない」(横山氏)。

また、通信事業者のサービスの場合、本社/拠点などのアクセス回線がその通信事業者のものに縛られるケースが多いが、クラウドHUBサービスの場合、アクセス回線をマルチキャリアで選べる点も違い。

 

クラウドHUBサービス
クラウドHUBサービスのサービスメニュー。マルチコネクト閉域網接続の機能を利用するには、「内部ネットワーク」と「クラウドコネクタ」の料金が必要


 

ちなみに、クラウドHUBサービスの設備が設置されているのは、エクイニクス・ジャパンの東京データセンター。現在のところ、データセンターと本社・拠点を接続するアクセス回線には専用線しか使えないが、10月にはSD-WANに対応し、インターネットも利用可能になる。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nissho201702
ゼンハイザー201612
ソナス201612

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます