ビジネス・企業

セキュリティ対策もAIの時代に! ― 「防御率99.7%」のCylanceが日本法人設立

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.08.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

人工知能(AI)技術を駆使して未知のマルウェアを検知するセキュリティ製品「CylancePROTECT」を販売する米Cylanceは2016年8月24日、日本法人設立に関する記者発表を行った。


日本法人Cylance Japan社長の金城盛弘氏(左)と、
米Cylanceでワールドワイドセールス シニアバイスプレジデントを
務めるニコラス ワーナー氏


Cylanceは新興ベンダーでありながら、高い成長率で注目を集めている企業だ。対前年比の成長率は1100%で、2年前に製品提供を始めてからすでに1000社超に導入、600万台の稼働実績を持つ。

5億個のファイルをAIが解析
その理由は、同社が提供するCylancePROTECTの仕組みにある。競合他社のマルウェア対策製品とは仕組みが大きく異なるのだ。

一般的なアンチマルウェア製品は、発見されたマルウェアを識別するためのシグネチャをベンダーが作り、それとマッチングするファイルをマルウェアとして検知してブロックする。または、エンドポイントやネットワーク内のトラフィックを監視して不審な動きを見つけ出す“ふるまい検知”によってマルウェアからの攻撃を防御する。



機械学習技術によってマルウェアの特徴を解析し、侵入を検知する


これに対してCylancePROTECTは、シグネチャによるパターンマッチングも振る舞い検知も一切行わない。機械学習技術によってマルウェアが持つ特徴を解析し、それによってマルウェアを検知することにより、マルウェアが実行される前に対処することが可能になるという。防御率は「99.7%」だ。

具体的には、2億5000万個の“良いファイル“と、2億5000万個のマルウェアをCylance社のクラウド上で機械学習により分析。1ファイル当たり10万の特徴を分析してAIが学習する。このようにして、合計5億個のファイルを分析した結果をクラウド上のデータベースに保有し、それを元に、マルウェアを識別する数理モデルを生成。これをユーザーのエンドポイント(WindowsとMacに対応)に配信し、マルウェアが持つ“特徴点”に合致するファイルを検知する。これによって、未知のマルウェアやその亜種を高精度に見つけ出すことができるという。

こうした仕組みにより、シグネチャ型の従来型製品に比べて、新種のマルウェアにもいち早く対応することが可能になる。米Cylanceでワールドワイドセールス シニアバイスプレジデントを務めるニコラス ワーナー氏は、「(競合他社の)ほとんどの技術は“リアクティブ”であり、何かが置きてから対応するもの。我々がユニークなのは“プレディクト”であることだ。予見をして止めることによって、被害を一切起こさずに脅威を防御できる」と話す。



マルウェアの実行制御など4つの主要な機能を備える


今回設立した日本法人は、同社にとってアジア初の拠点となり、製品販売のほか、導入支援等を行うプロフェッショナルサービスの提供も行う。また9月には日本国内に「Threat Reseach Center」も開設する予定。Cylance Japanの社長を務める金城盛弘氏は、「日本発の脅威を解析して対応する」とその目的について話した。米本社から技術者を呼ぶほか、国内でもアナリストを採用するという。

CylancePROTECTの販売は、4月からすでに取り扱いを始めている日立ソリューションズなどパートナー経由で行う。また、CylancePROTECTのOEM提供も行う。情報漏えい対策・資産管理ツール「LanScorp」を販売するエムオーテックスはCylancePROTECTを組み込んだ新製品「プロテクトキャット」を販売する。

スペシャルトピックスPR

palo1804
casb1804
kccs1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_b
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます