ビジネス・企業

セキュリティ対策もAIの時代に! ― 「防御率99.7%」のCylanceが日本法人設立

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.08.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

人工知能(AI)技術を駆使して未知のマルウェアを検知するセキュリティ製品「CylancePROTECT」を販売する米Cylanceは2016年8月24日、日本法人設立に関する記者発表を行った。


日本法人Cylance Japan社長の金城盛弘氏(左)と、
米Cylanceでワールドワイドセールス シニアバイスプレジデントを
務めるニコラス ワーナー氏


Cylanceは新興ベンダーでありながら、高い成長率で注目を集めている企業だ。対前年比の成長率は1100%で、2年前に製品提供を始めてからすでに1000社超に導入、600万台の稼働実績を持つ。

5億個のファイルをAIが解析
その理由は、同社が提供するCylancePROTECTの仕組みにある。競合他社のマルウェア対策製品とは仕組みが大きく異なるのだ。

一般的なアンチマルウェア製品は、発見されたマルウェアを識別するためのシグネチャをベンダーが作り、それとマッチングするファイルをマルウェアとして検知してブロックする。または、エンドポイントやネットワーク内のトラフィックを監視して不審な動きを見つけ出す“ふるまい検知”によってマルウェアからの攻撃を防御する。



機械学習技術によってマルウェアの特徴を解析し、侵入を検知する


これに対してCylancePROTECTは、シグネチャによるパターンマッチングも振る舞い検知も一切行わない。機械学習技術によってマルウェアが持つ特徴を解析し、それによってマルウェアを検知することにより、マルウェアが実行される前に対処することが可能になるという。防御率は「99.7%」だ。

具体的には、2億5000万個の“良いファイル“と、2億5000万個のマルウェアをCylance社のクラウド上で機械学習により分析。1ファイル当たり10万の特徴を分析してAIが学習する。このようにして、合計5億個のファイルを分析した結果をクラウド上のデータベースに保有し、それを元に、マルウェアを識別する数理モデルを生成。これをユーザーのエンドポイント(WindowsとMacに対応)に配信し、マルウェアが持つ“特徴点”に合致するファイルを検知する。これによって、未知のマルウェアやその亜種を高精度に見つけ出すことができるという。

こうした仕組みにより、シグネチャ型の従来型製品に比べて、新種のマルウェアにもいち早く対応することが可能になる。米Cylanceでワールドワイドセールス シニアバイスプレジデントを務めるニコラス ワーナー氏は、「(競合他社の)ほとんどの技術は“リアクティブ”であり、何かが置きてから対応するもの。我々がユニークなのは“プレディクト”であることだ。予見をして止めることによって、被害を一切起こさずに脅威を防御できる」と話す。



マルウェアの実行制御など4つの主要な機能を備える


今回設立した日本法人は、同社にとってアジア初の拠点となり、製品販売のほか、導入支援等を行うプロフェッショナルサービスの提供も行う。また9月には日本国内に「Threat Reseach Center」も開設する予定。Cylance Japanの社長を務める金城盛弘氏は、「日本発の脅威を解析して対応する」とその目的について話した。米本社から技術者を呼ぶほか、国内でもアナリストを採用するという。

CylancePROTECTの販売は、4月からすでに取り扱いを始めている日立ソリューションズなどパートナー経由で行う。また、CylancePROTECTのOEM提供も行う。情報漏えい対策・資産管理ツール「LanScorp」を販売するエムオーテックスはCylancePROTECTを組み込んだ新製品「プロテクトキャット」を販売する。

スペシャルトピックスPR

hpearuba1711
watchguard1711
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます