ICT×未来

LTE版LPWA「NB-IoT」と「Cat.M1」の狙いと実力

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.08.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SIGFOXやLoRaWANの成功に焦りを抱いた3GPPは、「LTE版LPWA」の標準化作業を急ピッチで進めた。NB-IoTとカテゴリM1だ。この2つの新技術により、携帯電話事業者のIoT向け通信サービスは大きく進化することになる。

 

今年に入り、移動通信システムの標準化を行う3GPPで「LTE版LPWA」とも言える、2つの新たなIoT向け無線通信の規格が固まった。6月に発表された「NB-IoT(端末仕様の名称はCat.NB1)」と、その少し前に登場した「Cat.M1(カテゴリM1)」だ(図表1)。

 


図表1 セルラーIoT向け端末規格
図表1 セルラーIoT向け端末規格


商用展開はまだ先だが、携帯電話事業者がライセンスバンドを活用し、本格的なIoT向け通信サービスを提供できるようになる。

モジュール価格と省電力性がネックIoTの導入に際して、携帯電話事業者の通信サービスが選択肢の1つとして検討されるケースはもちろん多い。


携帯電話事業者の通信サービスは、生活・ビジネス圏のほぼ全域をカバー。日本ではその多くでLTE/LTE-Advanced(以下LTEと表記)による数十〜数百Mbpsのデータ通信が使える、非常に使い勝手の良い通信サービスだからだ。

だが現状、携帯電話事業者がIoT向け通信の主役になっているとまでは言えない。エリクソンは今年6月にまとめた移動通信市場に関するレポートで、2015年時点で46億のIoTデバイスがインターネットに接続されていると推定しているが、そのうち携帯電話事業者によるものは4億。大半はWi-FiやBluetoothなど、セルラー以外の通信手段によるものとしている。

携帯電話事業者のIoT向け通信サービスを利用するにあたって、大きなネックとなるのがコストだ。

コストと言うと、通信料金を思い浮かべるかもしれないが、それはソラコムのようなIoT向けのMVNOなどが登場したことで、改善が進んでいる。むしろ、現状の課題は、IoTデバイスに組み込む通信モジュールのコストだ。特に高速通信に対応するLTEモジュールは単価が3500〜5000円ほどにもなることから、IoT用途では価格がこなれた3Gモジュールが使われることが多い(図表2)。

 


図表2 セルラーIoTがフォーカスする市場
図表2 セルラーIoTがフォーカスする市場


また、消費電力も課題になる。センサーネットワークで利用するには、内蔵電池で数年間稼働することが求められることが少なくない。電力消費量の大きな現在の3G/LTEでは対応が困難だ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1707
emc
microsoft1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Cbanner

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
iot13
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます