ICT×未来

5Gとの連携で注目されるVR――モバイルコンテンツの次の切り札になるか

文◎石野純也(ジャーナリスト) 2016.08.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

モバイルVRの雄として脚光を浴びる
サムスンの「Gear VR」

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を使い、あたかも現実のような空間を見せるVR。5Gとの連携という意味でも注目が集まる。モバイル市場における最新動向と課題を紹介する。

 

VR(バーチャルリアリティ)が、モバイルの“次”を担うコンテンツとして、にわかに注目を集めている。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を利用し、現実のような空間を見せる仕組みが、狭義のVRだ。モバイルの場合、スマートフォンを装着するゴーグルを利用するのが一般的。映像が360度広がり、センサーによって首の動きに追随するため、あたかもその場にいるかのような“没入感”を体験できる。

据え置き型のVRは、スペックが高く、解像度や追従性がいいため、より没入感を得やすい。一方でデメリットもあり、一般のユーザーがまず持っていないハイエンドなPCが必要だったり、ケーブルでつながなければならず、煩雑になりやすい。モバイルVRはまさにその真逆で、スペックはハイエンドなVRに勝てないものの、ケーブルレスで取り回しがしやすく、コンテンツも場所を選ばずダウンロードできる。また、何よりも多数のユーザーがすでに手にしているスマートフォンを、ほぼそのまま利用できる手軽さがある。

ただ、一口にモバイルVRと言っても、その性能の幅は広い。最も手軽なのが、ダンボールをゴーグルとして使う「ハコスコ」や「Google Cardboard」といった製品。箱にはレンズがついているだけで、センサーなどはすべてスマホ側のものを利用する。あくまで簡易的なVRだが、お試し用として人気を博しており、Google Cardboardは、2016年1月時点で、すでに500万個を販売している。これよりやや高級な製品として、プラスチックなどを使ったHMDがある。

さらに上には、HMD側にセンサーを持たせ、より精度を高めた製品も存在する。サムスン電子の「Gear VR」がそれだ。同社は「Galaxy S6/S6edge」を装着して利用する、「Gear VR」を米国に本社を置くOculusと共同で開発した。OculusはVRの先駆者として知られる企業で、現在はFacebook傘下となっている。この本格的なVR体験をモバイルに移植したのが、Gear VRだ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

citrix1704
microsoft1705
recomot1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
openstack
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます