キーパーソンが語る

「5G成功の鍵は用途開拓にあり」、エリクソンのアジアパシフィックCTOが語る

構成◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.08.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

エリクソン アジアパシフィックCTO
マグナス・エヴァブリング氏

2020年の商用化に向け5Gの標準化や技術開発の動きが加速してきた。こうした中、エリクソンが注力するのが5Gのユースケースの開拓である。アジア太平洋地区の技術責任者を務めるマグナス・エヴァブリング氏にその狙いを尋ねた。

 

――5Gの標準化や技術開発の動きが活発になってきました。エリクソンでは5Gの市場はどう動いていくと見ているのでしょうか。

エヴァブリング 2020年夏に5Gの最初の商用リリースが予定されていますが、5Gに多くのユーザーが入り、フル稼働するのはやや先になると思います。少し時間をかけて新しいユースケースが実現され、社会やビジネスを変えていくことになるでしょう。

5Gによって拓かれる新たなマーケットとして我々は「インダストリアル・インターネット」と呼ばれる分野に注目しています。IT・通信技術を活用してさまざまな産業のビジネスモデルを変革していこうという試みですが、このニーズに現在の通信システムは十分に対応できていません。そこでエリクソンでは、通信事業者や多くの企業と協力して、何がボトルネックになっているかを理解して、5Gによって改善していけるようにするための取り組みを進めています。

低遅延化でビジネスが変わる――ボトルネックには、どのようなものがあるのですか。

エヴァブリング まず挙げられるのがレイテンシー(遅延)です。

現在の移動通信システムではエンド・ツー・エンドで100ms程度の遅延が発生するケースが少なくありません。これを数十msレベルに短縮することで、作業効率を向上させ、新たなビジネスを展開できる可能性が出てきます。そこで具体的に何ができるか通信事業者やさまざまな分野の企業と協力して検証していこうとしているのです。

その1つとして、我々が鉱山などで重機を運用している会社などとスウェーデンで進めているプロジェクトでは、1000km程離れたところにある重機をまず4G(LTE/LTE-Advanced)のネットワークを使って遠隔操作できるようにしようとしています。こうしたシステムが実用化できれば、ある現場で作業を終えるとすぐに違う現場で作業することができ、スキルを持つ人材を有効に活用できるようになります。これを実現するためには、移動通信だけでなく、固定通信を含むネットワーク全体で遅延を短縮し、信頼性を高めなければなりません。でないと人を傷つけたり、機械を壊してしまうことになりかねません。

――4Gを用いて新しいユースケースを実現し、5Gにつなげようというわけですね。

エヴァブリング そうです。5Gでは削岩機にカメラを2台取り付けて、離れた場所から、オペレーターがバーチャル・リアリティを使って安全に作業をするといった運用が可能になるでしょう。こうしたシステムは遠隔医療などの分野でも使われるようになるはずです。この他にも輸送、製造業など、さまざまな分野で5Gがどう使えるかを検証していこうとしています。

例えば、複数台のトラックを先頭車両だけに人を乗せて、一列で車間距離をつめて走らせることができれば、人件費を抑え燃費も向上させることができますが、これを実現するには先頭の車両の操作が直ちに他の車両に伝わらなければなりません。低遅延で信頼性の高いネットワークが不可欠なのです。

――インダストリアル・インターネットでは、センサーネットワークなどを対象とした大量MTC(Machine Type Communication)への対応も重要なテーマになりますね。

エヴァブリング その通りです。このユースケースでは、内蔵電池で10年間稼働できるような高い省電力性や、デバイスコストの低減、同時接続数の拡大などが求められます。

現行の移動通信システムではこれらがボトルネックになっているのですが、3GPPで今年春に規格が固まった「カテゴリM」や標準化作業が最終段階に入っている「ナローバンドIoT」といった新しい技術規格の登場で、状況は大きく変わろうとしています。エリクソンでは、モバイルネットワークに接続されるIoTデバイス数が2021年には、2015年の4倍の12億7000万になると見ています(注:2015年11月発行のEricsson Mobility Report)。我々は将来500億のデバイスがモバイルネットワークにつながるようになると考えています。そのほとんどが5Gになるはずです。

――カテゴリMやナローバンドIoTは、4Gの拡張規格として標準化されています。5Gでの大量MTCはどのような技術で実現されるのですか。

エヴァブリング 5Gでどのような形で大規模MTCを実現するかは、これからの議論になります。

5Gでは新しく策定される無線技術、いわゆる「NewRadio」だけなく、4Gが引き続き進化していく部分も5Gの一部になると考えられています。その意味では、ナローバンドIoTやカテゴリMが初期段階の5Gで大量MTCを担うと捉えていいかもしれません。

3GPPでは、5Gで導入が見込まれている技術を4Gで先行的に実用化しようとする議論も進められています。例えば、参照信号などのやり取りを必要なものだけに限定し干渉を低減させるLean Carrierという技術が来年以降に4Gの拡張規格として標準化されますが、これは5Gで導入される技術の一部を前倒しで実用化しようとするものです。5Gと4Gは当面共通運用されることになるので、能力に大きな隔たりがないようにする必要があるのです。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

scsk1805
jpsecure1805
limelight1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT FUTURE CITY
 [IoTは暮らしをどう変えるか]“おらが街”もデジタル化
 [柏の葉スマートシティ]IoT事業創造の一大拠点に
 [Fujisawa サスティナブル・スマートタウン]持続的に成長する街を
 [Fukuoka City LoRaWAN]IoTで変化を生み出す街


◆[インタビュー] NEC 河村厚男常務「キャリア事業を構造改革」 ◆「日中間通信」の課題と攻略法 ◆ソフトバンクが日本初のNB-IoT ◆モバイル市場の公正競争の今後 ◆急成長するシスコの“サービス”事業

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます