ニュース

電通、クラウディアンら4社、ディープラーニングを使ったデジタルサイネージ広告の実証実験を開始

文◎business network.jp編集部 2016.04.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ディープラーニングによって、デジタルサイネージによる屋外ターゲティング広告の可能性が大きく広がるかもしれない――。電通、クラウディアン、スマートインサイト、Quanta Cloud Technology Japanは、インテルの協力のもと、屋外広告実証実験プロジェクト(略称:OOHプロジェクト)を発足し、ディープラーニングを活用した先進的な屋外広告実証実験を開始すると2016年4月20日に発表した。

OOHプロジェクトの狙いは、ディープラーニングによる人口知能(AI)技術とIoT技術によって集める膨大な映像情報および属性情報を用いて、今まで難しいと言われてきた屋外のデジタルサイネージによるターゲティング広告の実用化を検証することにある。

その第一弾として、自動車を運転中に目にするデジタルサイネージへの広告投影を自動化するシステムを東京都内に設置する。屋外に設置したビデオカメラの映像からリアルタイムに通行状況と通過する車種を判別し、その車の所有者の関心が高いと思われる広告を道路沿いのデジタルサイネージに適切なタイミングで表示する実証実験が行われる予定だ。ディープラーニングによる画像認識処理を用いて自動車のメーカー名、車種の分類、モデル名などを高精度かつリアルタイムに認識・判別して広告内容を自動的に切り替えることができるかどうかが焦点となる。

また、デジタルサイネージへの広告配信のみならず、時間帯別・車種別交通量や走行速度も自動的に計測し、数値化することが可能になるため、従来の人手による計測データと異なり常時正確な交通量の把握ができるようになる。これにより詳細な媒体価値の測定はもとより、より汎用的な交通量調査などへの応用が期待できる。

 

ディープラーニングを使ったリアルタイム道路広告のイメージ
ディープラーニングを使ったリアルタイム道路広告のイメージ

 

今後は、自動車のターゲティング広告とショッピングモールや観光地での行動アトリビュート連動広告や、自動車のみならず人(消費者)の行動分析に基づく新しいリアルタイム広告のあり方などについての実証実験も計画している。なお、本プロジェクトでは、ディープラーニングをCPU上で高速演算するために、インテルより次世代高速ベクター処理技術の支援を受けている。

OOHプロジェクト参加企業各社の役割は以下の通りとなっている。

電通:ディープラーニングを活用した屋外広告の企画、販売、および媒体開発

クラウディアン:ディープラーニングを活用した実証実験システムの開発および教師データを含むビッグデータのストレージ製品であるCLOUDIAN HyperStoreの提供

スマートインサイト:次世代データ統合&ディスカバリ製品であるMμgenの提供、および屋外広告最適化の為の分析支援

Quanta Cloud Technology Japan:実証実験で必要となるディープラーニング用高性能サーバー等ハードウェアの提供

インテル:ディープラーニングをCPU上で高速演算するための次世代高速ベクター処理技術の支援

スペシャルトピックスPR

panasonic201701
nttsoft201701
recomot201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます