導入・選定ガイド

UTM/次世代FWの最新トレンドを知る――処理性能と運用管理の強化が焦点に

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.04.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

サイバー攻撃の増加を受けてUTM/次世代ファイアウォールへの関心が高まっている。ベンダー各社は新技術の開発とともに、パケットスキャンの処理性能や運用管理を省力化するマネジメント機能の強化にも注力している。

 

サイバー攻撃から企業ネットワークを守るためのセキュリティ機能を包括的に提供するUTM(統合脅威管理)。近年は次世代ファイアウォール(NGFW)とも呼ばれるこの製品への注目が今年はさらに高まりそうだ。

サイバー攻撃が巧妙化・多様化するなか、企業は、最新の脅威に対抗するための新たなテクノロジーを導入する必要に迫られているが、同時に、セキュリティ対策にかかるコストの低減も課題となる。UTMに期待されるのが、このコスト低減効果だ。

UTMはファイアウォール、アンチウィルス、不正侵入防止(IPS)といった複数の機能を1台に統合することで、機器コストやライセンス・保守費用を抑えて導入できるようにした製品だ。管理対象が少なくて済むため、管理工数も削減できる。

この点が、中堅中小企業のニーズに合致し導入が進んできた。さらに、アプリケーション可視化・制御や、サンドボックス等の標的型攻撃対策機能の実装、処理性能の向上により、大企業でも個別機能に特化した専用機からUTMへの移行が進んでいる。

また、セキュリティ対策をこれまでほとんど行ってこなかった小規模オフィスでも、マイナンバー制度の施行を契機にUTM導入の裾野はさらに広がりそうだ。

こうした変化を受けて、UTMベンダー各社は次々と新機能の開発と製品ラインナップの強化を進めている。

中小向け新モデルが続々登場昨年後半から今年にかけて特に目立つのが、中小企業向けの新製品が続々と登場していることだ。

デル・ソフトウェアが2015年11月に、「SonicWALL TZ」シリーズの新製品5モデルを発売。ソフォスも12月に新ラインナップ「Sophos XG Firewall」の販売を開始した。「WatchGuard Firebox」シリーズを提供するウォッチガード・テクノロジー・ジャパンはこの2月、従業員20~35 名程度のオフィス向けの新モデル「Firebox T30/T50」を追加。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズも「Check Point700シリーズ」を2月に発表した。

 

SonicWALL TZシリーズ
デル・ソフトウェアが2015年末から提供開始した中小企業、支店、リモートオフィス向けの新製品「SonicWALL TZシリーズ」。このほかにも、16年初頭にかけて複数ベンダーから新製品が相次いで発売されている


これらの新製品で注目すべきトレンドがある。1つが、中堅・大規模向け製品とのプラットフォームの共通化、2つ目が処理性能の向上だ。

1つ目の「プラットフォームの共通化」は、中堅・大企業で使われる高度なセキュリティ機能を、中小企業向け製品でも使えるようにするのが目的だ。ウォッチガードでマーケティングマネージャを務める堀江徹氏は「ローエンドからミドルレンジ、ハイエンドモデルまですべて共通のセキュリティ機能を提供できる」と話す。例えば、同社の新製品Firebox T30/T50 は、IPSやアプリケーション制御に用いるシグネチャセットについても、ミドルレンジ製品と同じものを提供できるといったメリットがある。ソフォスも同様で、Sophos XG Firewallシリーズすべてで同じOSが稼働する。

これは、中堅・大企業にもメリットを生む。支店・支社、店舗等を展開している場合、ローエンドモデルを導入する小規模拠点と、ハイエンドモデルを使う本社等とで共通のセキュリティ機能を運用できるからだ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

logicool1709
yamaha1709
uniadex1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます