導入ガイド

UTM/次世代FWの最新トレンドを知る――処理性能と運用管理の強化が焦点に

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.04.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

サイバー攻撃の増加を受けてUTM/次世代ファイアウォールへの関心が高まっている。ベンダー各社は新技術の開発とともに、パケットスキャンの処理性能や運用管理を省力化するマネジメント機能の強化にも注力している。

 

サイバー攻撃から企業ネットワークを守るためのセキュリティ機能を包括的に提供するUTM(統合脅威管理)。近年は次世代ファイアウォール(NGFW)とも呼ばれるこの製品への注目が今年はさらに高まりそうだ。

サイバー攻撃が巧妙化・多様化するなか、企業は、最新の脅威に対抗するための新たなテクノロジーを導入する必要に迫られているが、同時に、セキュリティ対策にかかるコストの低減も課題となる。UTMに期待されるのが、このコスト低減効果だ。

UTMはファイアウォール、アンチウィルス、不正侵入防止(IPS)といった複数の機能を1台に統合することで、機器コストやライセンス・保守費用を抑えて導入できるようにした製品だ。管理対象が少なくて済むため、管理工数も削減できる。

この点が、中堅中小企業のニーズに合致し導入が進んできた。さらに、アプリケーション可視化・制御や、サンドボックス等の標的型攻撃対策機能の実装、処理性能の向上により、大企業でも個別機能に特化した専用機からUTMへの移行が進んでいる。

また、セキュリティ対策をこれまでほとんど行ってこなかった小規模オフィスでも、マイナンバー制度の施行を契機にUTM導入の裾野はさらに広がりそうだ。

こうした変化を受けて、UTMベンダー各社は次々と新機能の開発と製品ラインナップの強化を進めている。

中小向け新モデルが続々登場昨年後半から今年にかけて特に目立つのが、中小企業向けの新製品が続々と登場していることだ。

デル・ソフトウェアが2015年11月に、「SonicWALL TZ」シリーズの新製品5モデルを発売。ソフォスも12月に新ラインナップ「Sophos XG Firewall」の販売を開始した。「WatchGuard Firebox」シリーズを提供するウォッチガード・テクノロジー・ジャパンはこの2月、従業員20~35 名程度のオフィス向けの新モデル「Firebox T30/T50」を追加。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズも「Check Point700シリーズ」を2月に発表した。

 

SonicWALL TZシリーズ
デル・ソフトウェアが2015年末から提供開始した中小企業、支店、リモートオフィス向けの新製品「SonicWALL TZシリーズ」。このほかにも、16年初頭にかけて複数ベンダーから新製品が相次いで発売されている


これらの新製品で注目すべきトレンドがある。1つが、中堅・大規模向け製品とのプラットフォームの共通化、2つ目が処理性能の向上だ。

1つ目の「プラットフォームの共通化」は、中堅・大企業で使われる高度なセキュリティ機能を、中小企業向け製品でも使えるようにするのが目的だ。ウォッチガードでマーケティングマネージャを務める堀江徹氏は「ローエンドからミドルレンジ、ハイエンドモデルまですべて共通のセキュリティ機能を提供できる」と話す。例えば、同社の新製品Firebox T30/T50 は、IPSやアプリケーション制御に用いるシグネチャセットについても、ミドルレンジ製品と同じものを提供できるといったメリットがある。ソフォスも同様で、Sophos XG Firewallシリーズすべてで同じOSが稼働する。

これは、中堅・大企業にもメリットを生む。支店・支社、店舗等を展開している場合、ローエンドモデルを導入する小規模拠点と、ハイエンドモデルを使う本社等とで共通のセキュリティ機能を運用できるからだ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

unisys201702
nissho201702
ゼンハイザー201612

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます