ニュース

富士通のクラウドサービス、FW&負荷分散装置としてF5のBIG-IPを採用

文◎business network.jp編集部 2016.03.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

F5ネットワークスジャパンは2016年3月1日、ICTリソースを物理サーバー単位で提供する富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service Private Hosted A5+専用サービス(以下、Private Hosted A5+)」のファイアウォールおよび負荷分散装置として、「F5 BIG-IP(以下、BIG-IP)」が採用されたと発表した。

Private Hosted A5+を提供する以前、富士通の同種サービスにおいて、ファイアウォールや負荷分散装置の設定作業は社内の技術者が行っており、その作業に手間と時間がかかるという課題を抱えていた。

そこで富士通は、Private Hosted A5+の開発ではマルチテナントをセキュアかつ効率よく収容しながら、設定作業の課題を解決することを目指していた。これらの要件を実現できる製品として、同社はBIG-IPを採用したという。

Private Hosted A5+にBIG-IP を採用したことで、マルチテナントをよりセキュアかつ効率的に収容することが可能になった。BIG-IPは、単一インスタンスで複数のルートドメインを持つことができる。そのルートドメインをそれぞれのテナントに割当てれば、ルーティングテーブルもテナントごとに分離される。これにより、Private Hosted A5+では、各テナントが使用するIPアドレスの制限がなくなった。

また、BIG-APIはiControlというSOAP/RESTベースのAPIを装備している。iControlを活用したセルフサービスポータルを構築したことで、ネッ トワーク機能の設定変更を顧客自身が行えるようになった。顧客にとってはリアルタイムな設定変更が可能になるとともに、富士通社内は運用負荷が軽減した。

Private Hosted A5+のサービス設計を担当した、富士通アウトソーシング事業本部 プラットフォームサービス事業部システム基盤開発部の高木秀典氏は次のように述べている。「従来は、お客様から設定変更の申請書を受け取ってから設定変更が完了するまで、最短でも3営業日は必要でした。現在では、設定変更がリアルタイム化されるとともに、サービス品質の向上にもつながっています」

富士通は今後、BIG-IPのネットワーク仮想化対応機能、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)、仮想マシン管理に使用しているvCenter/SCVMMとの連携などの導入も検討しているという。

「FUJITSU Cloud Service Private Hosted A5+専用サービス」のデータセンタ構成

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
yamaha1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます