企業ネットワーク最前線

SSL通信にも“弱点”がある!――暗号化の弊害と増加する証明書の運用管理

文◎唐島明子(編集部) 2016.02.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SSLを利用した暗号化通信は、悪意のある第三者による盗聴や改ざんからデータを守るには有効な手段だ。しかし、セキュリティ対策全体から見ると、いくつかの弱点が存在している。F5ネットワークスジャパンのプリセールスコンサルタント桐谷彰一氏が、全通信SSL化時代の課題と対策について説明した。


「劇的に増加しているSSL通信だが、そこには3つの課題がある」――。このように語るのは、F5ネットワークスジャパン セールスエンジニアリング本部 プリセールスコンサルタントの桐谷彰一氏だ。

同氏の言う課題とは、1つめがSSL通信が増えるとセキュリティ対策が陳腐化してしまうこと、2つめが暗号化の安全性で、SSLを利用しているからといって安全とは限らないこと。3つめが証明書の管理をはじめとする運用管理の煩雑化である。


SSL通信の増加にともなう課題

SSL通信にはセキュリティ対策が及ばない?それぞれの内容を見ていこう。

まず、1つめのセキュリティ対策の陳腐化という課題は、暗号化されたデータをセキュリティ対策システムがハンドリングしなければならないことに起因する。

ファイアウォールやIPS(不正侵入防御システム)、サンドボックスなどのセキュリティ対策システムは一般的に、クライアントとサーバの間に置かれ、そこを流れるデータを検査する。しかし、SSL通信ではクライアントとサーバ間のデータが全て暗号化されてしまい、そのままではファイアウォール、IPS、サンドボックスによるデータ検査が及ばない状態になる。

SSLで暗号化されたデータは、そのままでは既存のセキュリティ対策機器では検査できない

セキュリティ対策機器によっては、SSL通信を“可視化”できるものもある。すなわち、SSLの暗号化を解除してデータを検査し、そのあとデータを元通りに復号化してネットワーク上に戻す。しかしそういった処理を行うと、セキュリティ対策機器のパフォーマンスは急激に悪化してしまい、本来のセキュリティ検査を実行できない事態に陥りかねない。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

arbor1705
checkpoint1706
takarajoho1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
iot13
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます