新製品&新サービス

Wi2とアクセンチュア、訪日外国人用の無料Wi-Fi活用した地方・中小店舗向け行動分析サービス

文◎唐島明子(編集部) 2015.12.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

訪日外国人(インバウンド)の増加にともない、“爆買い”をはじめとするインバウンド消費が注目を集めている。ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)とアクセンチュアは2015年12月16日、地方や中小規模の店舗が訪日外国人情報をマーケティングに活用するためのWebサービス「インバウンド・サテライト」の提供を開始した。


「政府は2020年に向け、訪日外国人を3000万人にすることを目標に掲げている。観光庁は、それを実現するためには“受け入れ環境の整備の見える化”と、その見える化をもとに”受け入れる店舗や企業が自主的に状況を評価・改善していくこと”が重要だと述べている。新サービス『インバウンド・サテライト』は、まさに地域や店舗単位で状況を見える化して定量的に把握するためのツール」。12月16日に開催した記者発表会の冒頭で、ワイヤ・アンド・ワイヤレス 代表取締役社長の大塚浩司氏はこう述べた。

インバウンド・サテライトは、Wi2が2014年12月からトライアルを開始し、2015年7月から商用化した「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」の仕組みを活用したサービスだ。

TRAVEL JAPAN Wi-Fiは全国で多店舗を展開する大企業向けだが、インバウンド・
サテライトは地方の中小・個人店舗が対象

TRAVEL JAPAN Wi-Fiは、訪日外国人がスマホにTRAVEL JAPAN Wi-Fiのアプリをインストールすると無料Wi-Fiスポットを利用できるようになるサービス。同サービスに参画する企業は、Wi2がアプリを通して収集した訪日外国人の利用者属性や行動経路などの情報を分析し、マーケティングに活用することができる。

参画企業に提供されるデータ分析基盤は、アクセンチュアとWi2が共同開発した位置情報分析プラットフォーム「Ideal Insight」。TRAVEL JAPAN Wi-Fiを利用した統計について、アクセンチュア デジタルコンサルティング本部 アクセンチュア アナリティクス統括 マネジング・ディレクターの工藤卓哉氏は、「現時点でTRAVEL JAPAN Wi-Fiアプリのダウンロードは100万以上。首都圏や地方に関わらず、統計学的な観点でも十分に有意性のあるデータサンプル数が取れている」と説明する。

Wi2はこれまで、全国規模の多店舗展開企業や公共交通機関などを対象にTRAVEL JAPAN Wi-Fiへの参画を求め、そこで収集した情報と分析基盤を提供してきた。しかし、新サービスのインバウンド・サテライトは、大企業ではなく地方を含む中小規模の店舗を対象に、Webサービスとして分析基盤を提供する。観光、小売店、飲食店など、インバウンドビジネスを狙う全ての事業者が、手軽に訪日外国人情報を利用できることをコンセプトにしているという。個人店舗なども対象だ。

ワイヤ・アンド・ワイヤレス 取締役副社長の南昇氏は、「大企業の方にはTRAVEL JAPAN Wi-Fiを、中小・個人店舗の方にはインバウンド・サテライトを利用してもらう。お客様の事業形態に応じて、使い分けいただきたい」という。

インバウンド・サテライトのサービスメニュー。訪日外国人向け情報配信サービスは2016年に公開予定

インバウンド・サテライトのサービスメニューには、発表同日から提供開始になる第1弾「インバウンド・レーダー」と、2017年に提供開始を予定している第2弾「訪日外国人向け情報配信サービス」がある。

第1弾のインバウンド・レーダーは、訪日外国人の動態を分析するサービスで、「マイプレイス」として指定された任意のエリアにおける訪日外国人の動線情報や、「関連地点」として設定されたエリアとの相関関係などをWebブラウザ上で可視化する。エリアを訪れた外国人の数を6カ月前の情報まで閲覧することが可能で、国籍、使用言語、時間帯・曜日、外国人の国籍や年代などの割合も確認できる。提供価格は月額1980円(税抜)となる。

第1弾のインバウンド・レーダーの画面イメージ。赤の「M」はマイプレイス、青の「S」は関連地点

第2弾の訪日外国人向け情報配信サービスは、訪日外国人に対してアプリを通じてクーポンや広告などを配信するもの。訪日外国人の国籍、性別、年代のほか、TRAVEL JAPAN Wi-Fiの無線LANアクセスポイント情報やスマートフォンのGPS情報を利用して把握する訪日外国人の位置情報などの条件でターゲットを絞り、クーポンや広告を配信できる。工藤氏は「アプリから取得できている情報は、国籍、性別、年代など基本的なものだが、機械学習をすることで将来的には“温泉好き”や”和食好き”など、嗜好性も加味したフィルタリングが出来るようにしていきたい」と今後の計画を語る。

スペシャルトピックスPR

atmark1712
yamaha1710
softbank1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018a
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます