企業ネットワーク最前線

M2M/IoTカンファレンス 2015 講演レポート

「IoTのハードルは決して高くない」――日本IBM土屋氏がビジネス活用の良策を指南

文◎大谷聖治(ライター) 2015.11.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

10月8日に開催された「M2M/IoTカンファレンス」(主催:リックテレコム)で、日本IBM アナリティクス事業部 テクニカル・リードの土屋敦氏は「IoTからいかにしてビジネス価値を生み出すか?」と題して講演。「いまはIoTをすぐにビジネスに取り込める環境が整っている」と語り、その具体的な手段として自社のクラウドサービス「Bluemix」の特徴および多様な活用事例を紹介した。

データ収集がIoTの目的ではないネットにつながるデバイスの爆発的な増加によって、IoTへの注目と期待もますます高まっている。しかし、具体的にビジネスにどう生かしていくかが悩ましい課題でもある。

日本アイ・ビー・エム アナリティクス事業部 テクニカル・リード 土屋 敦 氏
日本アイ・ビー・エム アナリティクス事業部 テクニカル・リード 土屋 敦氏


土屋氏は、IoTに取り組む際の基本的な注意点として、「目的と手段を混同してはいけない」と説いた。すなわち、IoTの目的はデータの収集ではなく、集めたデータを価値ある情報に変換して有効活用することであり、ここを履き違えると、データを集めても“何をするのか”“どういうサービスに生かすのか”で足踏みしてしまう恐れがあるということ。さらに、「収集したデータから価値を得るためには『データの収集→処理・分析→アクション』という流れを循環させることが重要」と強調した。(図表1

 

図表1 「データの収集→処理・分析→アクション」の循環でIoTの価値を高められる
図表1 「データの収集→処理・分析→アクション」の循環でIoTの価値を高められる

 

「IBM Bluemix」でアイデアを容易に実践IoTに取り組むのははたして容易なのか――。「ハードルは決して高くない」と述べた土屋氏は、コストをかけることなくアイデアをすぐにトライアルへと移すことができる仕組みとして、IBMが提供するクラウドベースのアプリ開発・実行プラットフォームサービス「IBM Bluemix」と、これに包含されるIoT向けのアプリ開発ツール「IBM IoT Foundation」について解説した。(図表2

 


図表2 IoTへの容易な取り組みを実現する「IBM Bluemix」と「IBM IoT Foundation」
図表2 IoTへの容易な取り組みを実現する「IBM Bluemix」と「IBM IoT Foundation」


これらは「一般のビジネス部門に所属する人でもアプリを作れるようにするのが狙い」という。実際、「Node-RED」というフロー形式のエディタツールを用いて、あらかじめ用意されている機能モジュールのアイコンから必要なものをドラッグ&ドロップして結んでいくだけでアプリを開発できる。プログラミングは一切不要だ。(図表3


図表3 「Node-RED」を使えばプログラミングなしにIoTアプリを開発できる
図表3 「Node-RED」を使えばプログラミングなしにIoTアプリを開発できる

 

センサーデバイスは一般の市販品でも対応可能。デバイス側からクラウドへのデータ送信も、Bluemixで提供されている「レシピ」と呼ぶサンプルプログラムを使って簡単に実現できる。収集したデータはAPIを介して可視化や分析が行える。(図表4


図表4 「IBM Bluemix」を使ったIoTアプリ利用のフロー
図表4 「IBM Bluemix」を使ったIoTアプリ利用のフロー

 

また、クラウド上で開発したアプリは社内の専有サーバに移行することもでき、パブリック/プライベートのハイブリット環境で運用も可能だという。

土屋氏は、Bluemixがいかに簡単に利用できるかを示すべく、自身のiPhoneを使って壇上でデモを実施。iPhoneのセンサー機能(振動検知)が感知したデータをクラウド上にリアルタイムに収集・グラフ化する様子を聴講者に見せ、「これを工場の製造ラインに当てはめれば、振動センサーからの検知データにより異常を通知する仕組みを簡単に構築できる。さらに、機械の故障を予測して資産管理システムにメンテナンス指示を出すといったシステムも実現されている」と付け加えた。(図表5


図表5 土屋氏がiPhoneを使って行ったデモの概要
図表5 土屋氏がiPhoneを使って行ったデモの概要

スペシャルトピックスPR

watchguard1711
logicool1709
yamaha1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます