キーパーソンが語る

楽天・平井副社長が語るMVNO戦略「楽天経済圏の拡大へ、新タイプのキャリア目指す」

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長) 2015.10.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

楽天 代表取締役副社長 執行役員
平井康文氏

楽天グループは、昨年10月に開始したMVNOサービス「楽天モバイル」を4番目の事業の柱と位置付けている。MVNOをめぐる競争が激しくなるなか、ポイントや端末、実店舗展開で差別化を図る。今年2月、楽天副社長に就任しモバイル事業を統括する平井氏は「MVNOでもMNOでもない新たな通信キャリアを目指したい」と意気込む。

 

――シスコシステムズ日本法人社長から楽天副社長への突然の転身は、世間を驚かせました。どのようないきさつがあったのですか。

平井 シスコに約7年間在籍して退任することになったとき、私が理事を務めていた新経済連盟の代表理事が三木谷(浩史・楽天代表取締役会長兼社長)だった縁で、「楽天に来てMVNO事業を担当してほしい」と頼まれました。

三木谷は昨年10月29日に立ち上げたMVNOサービス「楽天モバイル」を、既存のeコマース、金融事業、デジタルコンテンツ事業に加えて4本目の事業の柱にしたいとの思いを持っています。

楽天モバイルのスタート時に掲げた「数年間で1000万契約」という目標は、正直なところチャレンジングな数字です。だからこそ私はやりがいを感じ、お引き受けしました。もし目標が1桁少ない100万であれば、私ではなく、もっと携帯電話に詳しい人に任せればいいのではないかと思ったはずです。

――着任から半年足らずですが、手応えはいかがですか。


平井 入社以来、やりがいと同時に大きな手応えを感じています。三木谷の構想通り、楽天モバイルは新たな事業の柱になるとの確信を日々強めているところです。

楽天グループには、設立から15年の歴史を持つ電気通信事業者フュージョン・コミュニケーションズがあり、私はこちらの代表取締役会長も兼任しています。社内に電気通信事業者がいることでMVNOにスピーディに参入できましたし、これからもお互いに協力することでグループ全体の成長エンジンになると期待しています。

楽天 代表取締役副社長 執行役員 平井康文氏 


モバイルで楽天経済圏を後押し――「楽天経済圏」と呼ばれる独自のビジネスモデルの中で、モバイル事業はどのような役割を果たすのでしょうか。

平井 楽天は従来、楽天市場をはじめ楽天トラベル、楽天ブックス、楽天カードなどグループ企業が提供するサービスで形成される経済圏の中で共通して利用できるポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を通じ、会員を拡大するとともに経済圏内でのサービス利用や回遊性を促進してきました。

サービスを展開するプラットフォームに、エンドポイントとしてスマートフォンやタブレットが加わったことで親和性が高まり、ユーザーにも最高のポータルを提供することができます。それによって他社との差別化を図るだけでなく、グループ全体のARPUを上げていきたいと考えています。

――楽天にとってモバイル事業は、楽天市場へのアクセス手段の1つとか、利益を増やすためといったことが目的ではなく、グループ全体を戦略的に後押しする事業と位置付けているわけですね。

平井 その通りです。今年3月に開催された株主総会でもご報告しましたが、昨年度の好決算の要因の1つに、楽天市場においてスマートフォン向けページを作り込んでいったことが挙げられます。楽天グループの他のサービスのサイトに誘導する仕組みを設けることで、グループ全体の売上増につながっています。

楽天市場の流通総額に占めるモバイル率は現在47%です。楽天モバイルの端末には楽天グループの主要アプリをプリインストールしており、この数字は今後さらに高まると予想しています。

通信キャリア各社は現在、通信インフラからサービスに軸足を移しつつありますが、我々はその動きを事業開始当初から取り入れているというわけです。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

平井康文(ひらい・やすふみ)氏

1983年3月九州大学理学部卒業。同年4月日本アイ・ビー・エム入社。2001年1月同社ソフトウエア事業部長。03年3月マイクロソフト(現・日本マイクロソフト)入社。06年7月同社執行役専務。10年8月シスコシステムズ代表執行役員社長。15年2月楽天副社長執行役員(現任)。同年3月同社代表取締役(現任)、楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズ代表取締役会長(現任)

スペシャルトピックスPR

bmtech1806
iijglobal1806
moconavi1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_a
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます