ニュース

SNS利用による個人情報流出を防止するスマホアプリ

文◎村上麻里子(編集部) 2015.08.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

MyPermissions Japan(本社:東京都新宿区)のセキュリティアプリ「Smart・Checker(スマート・チェッカー)」の販売が好調だ。

全世界でこれまでに約220万ダウンロードされており、今年4月からは日本国内で有料版として展開している。

イスラエルのアプリベンダーであるOnline Permissions Technologiesが開発したスマート・チェッカーは、 スマートフォンでSNSを利用する際の個人情報の流出を防止するもので、国内ではMyPermissions Japanが独占的に販売する。

 
 Online Permissions TechnologiesのCEO、Olivier Amar氏(左)
とMyPermissions Japan代表取締役の西川智史氏


スマートフォンの普及に合わせて、アプリなどに関するトラブルや相談件数が急増している。こうした状況を受けて、モバイルセキュリティ市場は2013年の58億円から、18年は2倍以上の123億円まで拡大するとの予測もある。

スマートフォンのセキュリティ対策といえば、大手セキュリティベンダーが提供しているセキュリティアプリが一般的であり、通信キャリアもこれを推奨している。それだけに「セキュリティアプリをダウンロードしておけば安心」と高をくくっているユーザーも多い。

確かに、セキュリティアプリは不正アプリ対策やWeb脅威対策、盗難/紛失対策など、個人情報の漏えい・不正読み取りを感知する機能を備える。ところが、スマートフォンがユーザーの生活の一部となり使われ方も多様化してきたことで、新たな脅威も生まれている。

FacebookやLINEなどのSNSを利用する目的として、フィーチャーフォンからスマートフォンへ移行するユーザーがますます増えているが、個人情報との連携内容を確認せずにアプリを認証することで、自分が承認した仲間にスパム投稿が自動で拡散される「代理投稿」などのトラブルが急増しているのだ。こうした現状に対し、「どのアプリがどのような個人情報を取得しているか把握し、なおかつ個人情報が内側から流出することを防止する対策が必須となっている」とMyPermissions Japan代表取締役の西川智史氏は指摘する。

スマート・チェッカーはアプリ上における個人情報連携のチェック・管理・解除を行うことができ、新たな脅威にも対応するセキュリティサービス。SNSと連携しているアプリがどの個人情報にアクセスしているのか、ユーザー本人が簡単に把握することができる。


 個人情報にアクセスする危険性のあるアプリ
を通知し、ユーザー自ら解除できる


アプリのアップデートにも対応しており、知らない間にアプリ上で新たな個人情報へのアクセス権限が追加されても「リアルタイムアラート」機能で即座に通知する。以前、米AmazonがAndroidアプリの独自アップデートを実施した際、位置情報アクセスなどさまざまな個人情報を追加で取得しようとしたとして物議をかもしたが、こうした事態も防止することが可能だ。

各種オンラインサービス上で連携しているアプリを1つのダッシュボード上で管理するので、意図しないアプリ連携があった場合は、その場で複数の連携アプリを解除することもできる。

アプリ単位でのパーミッション(許可)の編集を行うアプリは他にもいくつかあるが、リアルタイムアラートをはじめ、連携アプリのリスク診断やSNS側のオートスキャニングなどはスマート・チェッカーの独自機能という。

月額利用料金は350円(税抜)で、1ライセンスにつきスマートデバイス3台まで利用可能。App StoreおよびGooglePlayから購入でき、9月中にはPCへの対応も予定している。

MyPermissions Japanでは、大手販売代理店や家電量販店を通じて展開しているが、今後は通信キャリアとの連携も模索していく。MM総研によると、SNS利用者数は16年に7000万ユーザーまで拡大すると見られる。「スマート・チェッカーの潜在的なユーザーは非常に多い」と西川氏は意気込む。初年度は100万ライセンスを目指したいという。

スペシャルトピックスPR

palo1804
casb1804
kccs1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます