導入ガイド

「今まで通りはダメ!」、UC時代のPBXリプレースについて考えよう

文◎坪田弘樹(編集部) 2015.06.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

PBX更改を機に、Microsofft Lync(現・Skype for Business)などのUCを導入する動きが本格化してきた。ただ、国内の企業の場合、従来のPBXの機能を求める声も強い。そこでニーズが高いのがLyncとPBXの連携ソリューション。また、PBXメーカーも、UC機能の強化に注力している。


「今までと同じ電話の置き換えでは経営層は納得しない」「単純なPBXリプレースでは稟議が通らない」――。

PBX/ビジネスホンのリプレースにあたり、ユニファイドコミュニケーション(UC)の導入を検討する企業が以前にも増して増えている。

チャット(IM)やSNS、ビデオ会議等がビジネスの場でも一般的に利用されるようになり、また、それらのツールを場所を問わず使えるスマートデバイスも普及した。PBXのリプレース期を迎えた企業の多くが、そうしたツール・デ
バイスと連携するUCの導入を当然のように検討するようになってきているのだ。

一方、PBX/ビジネスホンとは別に、IM/プレゼンス、グループウェア、ビデオ会議等を利用してきたユーザーも、それらが業務に浸透するにつれて電話システムとの統合を検討するようになってきた。

この動きが顕著なのが、クラウド型コラボレーションサービスを利用する企業だ。日本マイクロソフトの「Office 365」やグーグルの「Google Apps」でコミュニケーション/コラボレーション環境を構築した企業が、電話システムの統合を検討し始めている。

都築電気でUC提案に携わるネットワークアドバイサー部・担当副部長の草場英史氏は、「Office 365でLync Onlineを使っているお客様から、外線電話もつなぎたいという要望をいただく」と話す。Lync Onlineは外線電話・PBX機能を除くMicrosoft Lync(現・Skype for Business)の機能(IM /プレゼンスやWeb会議、VoIP内線通話等)をクラウド型で利用できるものだ。そのユーザー企業は、既存のPBX電話とLync Onlineを併用することになるが「使い分けは実際にやってみると不便。オンプレミス型のLyncに移行し、PBXと連携するケースも出てきている」という。

 

「電話は後回し」の弊害

このようなPBXからUCへの移行ニーズは今後ますます強まると考えられる。

PBX/ビジネスホンからUCへの移行は、メーカーなどの供給サイドの想定通りには進んでいなかったが、これは、電話システムとIM/プレゼンス等のその他のツールが、扱うための知識・技術も、所管する部門(総務部門と情報システム部門)も耐用年数も異なることが主な要因だ。

そのため、電話システムの統合が後回しになるケースが多かったが、コミュニケーションツールとデバイスが多様化し、複数のシステムが併存すると、その弊害も目立ってくる。

社外とのコミュニケーションにおいて外線電話・PBXが果たす役割は大きく、IM/プレゼンスやグループウェア、ビデオ会議といった社内コミュニケーションの効率化を主眼としたツールだけを統合しても、UCの効果は限定的にならざるを得ない。連携しない状態での併用も、社員には負担となり利便性を損ねる。また、複数のシステムが併存すれば、社員ID・番号管理をはじめとする運用負荷も増大する。

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ソフトバンク201612
softbank201701
panasonic201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ICT業界 未来予測2017
         10の変革シナリオ

 LPWAでスマートシティ元年 / IoTが“シェアリング”を加速
 社会基盤を「人質」に身代金 / モバイルで進む放送と通信の融合
 ビデオがX-Techの名脇役 / PBX業界のデジタル破壊始まる   他

【インタビュー】総務省 総合通信基盤局長 富永昌彦氏<MVNOの接続料をさらに低廉化 つながるクルマがIoTの“先兵”>

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot08
ngn2016
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます