企業ネットワーク最前線

経営者が知っておきたい「スゴイ!ICT活用術」

【第2回】IoTで「ものづくり」が変わる! ~製造業ICTの現在・過去・未来~

文◎西俊明(ライトサポートアンドコミュニケーション) 2015.06.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「インダストリー4.0」というキーワードを最近よく耳にします。IoTによって今、ものづくりが大きく変わろうとしているのです。今回は製造業ICTの歴史を振り返りながら、IoT時代のものづくりを展望します。

こんにちは。西俊明です。連載第2回目のテーマは「ものづくり」です。

最初に質問です。ものづくり・・・製造業の課題とは、いったい何でしょうか?

もちろん、いろいろなものがあると思いますが、大きくは以下の3点に集約されます。それは

「品質を改善したい」
「コストを削減したい」
「納期を守りたい」

ということです。

工場で実施するさまざまな活動は、すべてこの3点を実現するために行っている、と言っても過言ではありません。それぞれ英語でQuality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(配達=納期)であることから、この3大目標のことを、それぞれの頭文字を取って「QCD」と呼びます。

「工場のアウトプットはQCDである」

というような言い方がされることもあるぐらい、ものづくりにおいては大切な概念です。

現在、わが国の「ものづくり」の技術は世界中から高く評価されていますが、それはQCDを実現する活動を磨き上げてきたからに他なりません。

 

「メイド・イン・ジャパン」は粗悪品の代名詞だった?!

今でこそ「日本製品の品質は高い」ことは世界の常識ですが、昔は「メイド・イン・ジャパンと言えば粗悪品の代名詞だった」と言われたら信じられますか?

実は本当なのです。第二次世界大戦後、焼け野原の状態から復興した我が国の製造業ですが、当初の品質は酷いものだったそうです。

しかし、それも仕方のない部分もあるでしょう。戦後まもなくの間は、原材料・設備・環境のいずれにおいても、不十分ななかで仕事をしていただろうことは、想像に難くないからです。

しかし、そんな状況を変えたのは日本人の実直さ・勤勉さでした。工場の労働者たちは、誰から命令されたわけでもなく、自主的に集まって「どのようにすればよい製品になるのか」「品質が改善されるのか」を話し合い、知恵をしぼって工夫をしていきます。

そのようなボトムアップの小集団活動はQC(クオリティ・コントロール)活動と呼ばれました。その後、現場主導のQC活動はTQC(トータル・クオリティ・コントロール)やTQM(トータル・クオリティ・マネジメント)と呼ばれるトップも含めた全社活動へと発展していきます。

このような活動が日本全国の工場で実施された結果、奇跡とも言われる日本の高度成長時代が生まれることとなったのです。

そして1979年には『ジャパン・アズ・ナンバーワン』という書籍がアメリカでベストセラーになりました。名実ともに、日本のものづくりが最高であると認められたのです。

ちなみに、QC、TQC、TQMなどに対抗するものとしてアメリカで始まった活動が「シックスシグマ」と呼ばれるものです。

また、TOC(制約理論)というものをご存知でしょうか。これは、「工程全体の中で、ボトルネックになっている部分を集中的に改善するだけで、全体のスピード(スループット)が大きく改善される」という理論です。

ゴールドラット博士という方が提唱した理論ですが、彼はこの理論を広めるために『ザ・ゴール』というビジネス小説を書きました。ザ・ゴールは世界中でベストセラーになりましたが、ゴールドラット博士は「競争力の高い日本にTOCを広めないよう、ザ・ゴールをしばらくの間、日本語に訳させなかった」と言われています。

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

西俊明(にし・としあき)

慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録・中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、6年間で150社以上の企業や個人事業主のマーティングのコンサルを実施、120回以上のセミナー登壇実績をもつ。著書に『あたらしいWebマーケティングの教科書』『ITパスポート最速合格術』『高度試験共通試験によくでる午前問題集』(技術評論社)、『絶対合格 応用情報技術者』(マイナビ)、『やさしい基本情報技術者問題集』『やさしい応用情報技術者問題集』(ソフトバンククリエイティブ)、『問題解決に役立つ生産管理』『問題解決に役だつ品質管理』(誠文堂新光社)などがある。

スペシャルトピックスPR

atmark1712
yamaha1710
softbank1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018b
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます