企業ネットワーク最前線

「モバイルの常識は変化している」、ガートナー針生氏が10の注目トレンドを徹底解説

文◎百瀬崇(ライター) 2015.06.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ガートナー リサーチ 主席アナリスト
針生恵理氏

「モビリティによる変革はもはや止められない」――。2015年5月に開催されたイベント「ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット 2015」において、ガートナー リサーチ 主席アナリストの針生恵理氏はこう話した。モバイルはクライアント環境だけでなく、ビジネスも変えていくというのだ。


「モバイル・トレンド2015」と題する講演を行った針生氏は「注目すべきモバイルのトレンド」として次の10点を挙げた。

1.サービス化の進行
2.Microsoftの戦略転換
3.企業デバイスの多様化
4.ユーザー・ファーストがより重要に
5.モバイルをバイモーダルでとらえる
6.BYOD議論は棚上げされたまま
7.モバイル管理の進化
8.モバイル・セキュリティが変化
9.MCoE(Mobile Center of Excellence)の設立が進行
10.モバイルがNexusの重要なパートになる


これら10のトレンドに対して、企業はどう行動すべきなのか――。針生氏は1つずつ解説した。

 

1.サービス化の進行

1つめのトレンドは、「サービス化の進行」。針生氏はモバイルのサービス化を次のように定義した。「いつでも、どこでも、必要なアプリケーションやコンテンツをサービスとして利用できるようにする」ことである。

PCの世界観ではOSやアプリケーションなどといった“モノ”を買って使うという発想だった。しかし、モバイルでは、“サービス”として受け取ることになる。エンドユーザーにとっては最新のサービスを利用できるというメリットがあるが、企業にとっては問題が発生する。例えば、「Windows」でしか動かないアプリケーションや、「Internet Explorer 8」でしか動かないアプリケーションでは、サービスの世界では利用が難しくなることだ。

また、サービス化のトレンドは、これ以外の様々な領域にもインパクトを与えていく。例えば、モノを買った後にソフトウェアや受けるサービスを選ぶのではなく、最初からどんなインターフェースやアプリケーション、サービスがあるのかを考慮した上でデバイスを選択しなければならない。「これからは、サービスを含めた評価を行うことが重要になる」と針生氏は説明する。

 

2.Microsoftの戦略転換

Microsoftはこれまで、「どこでもWindows」。すなわち、どんなデバイスやハードウェアでもWindowsが動くことを戦略の中心にしてきた。だが、これからは「どこでもMicrosoft」に戦略を転換していくという。

つまり、スマートフォンやタブレットなどといったデバイスで、Microsoftの製品が動くことを戦略の中心に据える。例えば、Windowsデバイスではない端末上で、「Office 365」などのMicrosoftのクラウドサービスを利用してもらうといったような「マルチデバイスサービス」に方針を変えるのだ。

2015年後半には「Windows 10」がリリースされる。Microsoftは現在、モバイルの領域で苦戦しているが、Windows 10はモバイルを強く意識したOSだ。スマートフォンとタブレットPCで共通して利用でき、デバイスによってインターフェースが変化する。

さらに針生氏はWindows 10に関して、次のようにも指摘した。「企業が注意して押さえておくべきポイントは、Microsoftとユーザー企業との関係が変わること。ライセンスや提供形態が大きく変わるからだ。今から十分に注意して準備しておく必要がある」

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1711
necpf1711
nec1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます