ニュース

【WTP】80GHz帯や新幹線向けなど、進化する「ミリ波」技術の世界

文◎太田智晴(編集部) 2015.05.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2020年以降に商用サービスが開始予定の5Gでも活用されるとあって、にわかに注目が高まっている「ミリ波帯」。ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)の会場でも、60GHz帯を中心にミリ波関連の最新技術がいろいろと見られるが、NECブースには80GHz帯を使う無線通信装置「iPASOLINK EX」が展示されている。


80GHz帯に対応したiPASOLINK EX
80GHz帯に対応したiPASOLINK EX


光ファイバーの敷設が難しいエリアなどで、モバイル事業者のバックホール回線や公共用の災害用回線などとして使われているiPASOLINKシリーズ。これまで日本では60GHz帯が用いられてきたが、iPASOLINK EXは80GHz帯を利用するのが特徴だ。

「昨年8月の制度改正により、日本でも80GHz帯が使えるようになった。チャネル幅は250/500MHzで、最大3.2Gbpsで通信できる」(説明員)

免許不要の60GHz帯と違い、80GHz帯の場合は免許が必要だが、60GHz帯対応のiPASOLINK SXの通信速度320Mbpsと比べて格段に高速に通信できる。


iPASOLINK EXの特徴
iPASOLINK EXの特徴


また、KDDI研究所では、新幹線の車内をイメージしたデモスペースを使って、ミリ波に関する技術を披露していた。

ミリ波は、光と性質が近く、非常に直進性が高い。このため、アンテナと端末の間にイスなどの遮蔽物があると、電波が回り込まず、通信速度もがくんと落ちてしまう。


KDDI研究所のミリ波向け技術
右上にあるのがアクセスポイントと反射板。直進性の高いミリ波の電波を反射板にあて、後方の座席の端末まで届けている


そこでKDDI研究所では、反射板と電波の方向を制御するビームスイッチング技術を活用し、遮蔽物があっても電波を広範囲に届かせる技術を開発。「この技術を活用することで、車両内に限らず、地下街など様々な場所で、ミリ波通信の特徴である1Gbps以上の高速通信が使えるようにしていきたい」(説明員)という。

スペシャルトピックスPR

recomot1705
qloog1705
macnica1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Dbanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます