キーパーソンが語る

ワイヤレスジャパン2015事前特集

5G技術開発に全力を注ぐファーウェイ「前倒しで実用化する取り組みも進める」

構成◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2015.05.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)
副社長 マーケテイング & ソリューション
セールス本部長 周明成氏

ファーウェイが5G向けの技術開発を本格化させている。6GHz以下のローバンド向け技術の開発にフォーカス。5G技術の一部を4Gとして前倒しで検証する構想も打ち出した。


――通信インフラ部門の売上額で、エリクソンを抜き世界トップに立ったといわれています。

 ファーウェイが手掛けている通信インフラ、端末、企業向けソリューションの3事業の売上合計では、2013年にエリクソンを超えています。

2014年の売上はさらに20.6%増えて465億ドル(約5兆5507億円)になっています。通信インフラ部門も16%伸び310億ドル(約3兆6,998億円)となり、エリクソンの売上273.6億ドルを上回りました。

もっとも当社の売上構成は、モバイルインフラを主力としているエリクソンとはかなり異なっていて、モバイル分野から光伝送装置、固定通信向けのIP関連製品まで幅広いソリューションを手掛けています。これが売上の拡大に大きく寄与しているのです。

――通信インフラ事業に今後どのように取り組んでいくのですか。

 ファーウェイでは大きく3つの取り組みを進めていこうとしています。

1つは、「パイプ戦略」の推進です。パイプ戦略というのは、通信事業者のネットワークを単なるデータではなく「情報」をやり取りする「パイプ」として捉え、それに必要なソリューションを、コンテンツを除いて全てエンド・ツー・エンドで提供できるようにしていくというものです。我々のコア戦略と言えるもので、これを推進することで通信事業者のビジネスの発展に貢献していけると考えています。

2番目が、社内のマネジメントをシンプルで効率的なものにして、お客様のために新しい価値を創りだしていくことです。

最後がR&Dの推進で今後も継続的に投資をしていくことです。2015年の研究開発予算は前年比3割増の66億ドルで、売上の14%を占めています。ブロードバンド、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、IoTなどに代表される新しいICT技術への投資を強化していこうとしているのです。これらのテーマはパイプ戦略の新たな柱でもあります。

 

5Gの技術を前倒しで導入

――日本でも4G(第4世代移動通信システム)の展開が本格化してきました。4Gにはどのように取り組んでいくのですか。

 4Gにはいくつか定義がありますが、当社では3GPPで標準化されたLTE-Advancedの要素技術によってLTEを拡張した移動通信システムを4Gと考えています。これらの要素技術の中でも、特にキャリアアグリゲーション(CA)の技術開発に力を入れており、高い評価を得ています。

今年春には香港テレコム(HKT)と協力して3つの異なる周波数帯の電波をCAで組み合わせて利用するトライアルを実施し、450Mbpsのピークデータレートを実現しました。既存の携帯電話の周波数帯で広く使われているFDD方式と日本でも3.5GHz帯に導入されるTDD方式をCAで組み合わせる取り組みも行っています。CAは4G、さらにその次の5G(第5世代移動通信システム)を支える重要な技術になると考えています。

当社ではCA以外のLTE-Advancedの技術開発にも広く取り組んでいますが、さらに今年「4.5G」というコンセプトを新たに打ち出しました。

これは5Gで導入が想定されている次世代の技術を前倒しで使っていこうというものです。名称は固まっていなくて「4.9G」が良いのではないかという意見もあります。当社ではこれらの技術開発を進めると同時に、標準化に向けた関係機関との調整も行っています。

――4.5Gにはどのような技術が用いられるのですか。

 重要なものの1つに、強い指向性を持つ多数のアンテナを利用して効率的な通信を実現するマッシブMIMOなどの「マルチアンテナ技術」があります。5Gでは新しいエアインターフェース(無線伝送方式)とマルチアンテナ技術を組みわせて高速・大容量の無線通信を実現することが想定されているのですが、マルチアンテナ技術はエアインターフェースを新しくしなくても利用できます。そこでその開発を前倒ししてLTE-Advancedの規格にこれを盛り込もうとしているのです。

もう1つ我々が重要だと考えているのがIoT/M2Mへの対応です。これはファーウェイが開発を進めている省電力型チップセットやLTE-Advancedの拡張技術として標準化が進められている「LTE-M」によって実現されるものです。LTE-MはLTEの搬送波の幅を狭め、通信量の少ない多数の端末が接続しやすくしたM2M向けのエアインターフェースです。現行のLTE/LTE-Advancedと互換性が保たれているため、新たにネットワークを整備しなくても導入できる点が大きなメリットになります。

加えて、ネットワークアーキテクチャーをフラット化し遅延を低減することも、4.5Gの重要なファクターになると考えています。(図表1)


図表1 4Gと5Gの関連
4Gと5Gの関連

スペシャルトピックスPR

paloalto1712
necmag1712
atmark1712

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図
     ~これから2020年までに起こること~


◆[インタビュー]原田博司 京大教授「Wi-SUN FANが海外で人気! LPWA市場で世界第3位へ」 ◆ブロックチェーンにIoT担当者が注目すべき理由 ◆SD-WANの2018年 ◆Skype for Businessが働き方を変える ◆“業界3位” エクストリームネットワークスの野望

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズチェック・ポイントのSMB戦略
あらゆる環境で攻撃を未然に防ぐ

日本向けにローカライズし、パートナーもユーザーも扱いやすく。

ロジクールSkype for Business用
会議室コンソール「SmartDock」

働き方改革に有効なSfB会議が簡単かつ安全に始められる!

協和エクシオSfB導入の課題解決をサポート

協和エクシオは通建事業60年のノウハウを活かし、Skype for Business導入トータルサービスを提供する。

ソフトバンクSkype for Businessの利用促進
コスト大幅削減を実現するには?

ソフトバンクのGlobalMeet電話会議サービスで実現可能だ。

ブロードメディア・テクノロジーズグローバル企業の悩みを一掃!
“本当に使える”SD-WAN基盤

WANの課題を一掃するAryakaの
SD-WANが心強い味方になる。

NECネッツエスアイSilver PeakのSD-WANは
独自技術でSaaS通信をフル制御

「SaaSを快適かつ安定的に使いたい」という企業ニーズに応える。

日商エレクトロニクスクラウドが快適に使えるSD-WAN

日商エレクトロニクスが販売する「Cisco SD-WAN」(旧Viptela)は、常に進化し続けるSD-WANだ。

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018b
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます