企業ネットワーク最前線

経営者が知っておきたい「スゴイ!ICT活用術」

【第1回】IoT/M2Mで「顧客との関係」が劇的に変わる近未来

文◎西俊明(ライトサポートアンドコミュニケーション) 2015.05.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

今回からスタートする本連載では、経営課題の視点からICTの活用術について紹介していきます。第1回のテーマは「売上を上げたい!」。売上拡大に有用なICTソリューションとして多くの導入実績があるSFAやCRMの役割を改めてきちんと整理するとともに、今話題のIoT/M2Mが顧客との関係をどのように変えていくかを読み解いていきます。


初めまして。西俊明と申します。私は17年間、IT企業でマーケティング業務に従事した後、2008年に中小企業診断士として独立し、主にITやマーケティングの観点から中小企業支援を行っております。今回から始まる本連載では、私の中小企業支援の活動・経験の中から「経営層がよく直面する課題や悩み」を切り口に、その解決策としてICTの活用術やその効果、導入事例などをご紹介して参ります。よろしくお願いいたします。

さて、第1回目は、企業経営者にとって永遠の課題である「売上を上げたい!」をテーマに、効果的なICTの活用術をご紹介しましょう。

 

「営業を強くしたい!」

売上を上げるための施策といえば、まずは「営業力の強化」を思い浮かべる方も多いでしょう。私が以前ご支援していた企業の社長もそうでした。

他の多くの企業のケースと同じように、その企業の営業のやり方にも属人的な要素が強く、営業ノウハウが組織に蓄積されにくい傾向がありました。できる営業担当者の中にはノウハウを隠す者もいれば、そもそも「自分の持つノウハウを言語化できない」担当者もいました。

もちろん営業手法が属人的でも、できる営業担当者ばかりであれば、売上は十分に上がるでしょう。しかし、その企業の営業組織全体の中では、できる営業マンは少数派でした。そのため社長は「営業担当者全体のレベルの底上げが必要」と考えていたのです。

そこで、私と社長はSFA導入を意思決定しました。SFAとはSales Force Automationの略であり、「営業支援システム」と訳されます。

SFAにおいては、営業担当者各人が自分の抱える案件情報をシステムに登録することにより、営業部門全体ですべての案件情報の可視化が可能になります。たとえば、あまり成績のよくない営業担当者が抱えている案件情報の詳細を上司やチームメイトと共有することにより、成績のよくない担当者に効果的にアドバイスできます。さらに案件情報の共有化は「案件の引き継ぎ」や「担当者不在時における顧客からの問い合わせ対応」の際にも有利に働きます。

このように、SFAには属人的営業手法から脱却し、チームセリングを実現する効果があります。

とはいえ、SFAは導入すれば必ず効果がでるというものではありません。

実際のSFA導入においては、確実に効果を上げるために、以下の2点に特に留意しました。

(1)できる営業担当者は、もともとSFAがなくても成果を上げている。そのような彼らにもシステム入力の負荷を与え、さらに他のチームメイトへのノウハウ提供を強いることになる。そのため、彼らのモチベーションを維持するための人事評価上の配慮を行う

(2)SFAの入力項目は「営業活動状況の共有」に関連する最低限のものに絞る。よくある他社失敗事例として、「SFAの入力が負荷となり、その分、顧客訪問時間が減少し、かえって営業成果が下がる」ことがあるので注意する

この2点を押さえた運用により、この企業では営業部門のメンバー全体の底上げに成功し、売上拡大も実現できたのです。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

西俊明(にし・としあき)

慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録・中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、6年間で150社以上の企業や個人事業主のマーティングのコンサルを実施、120回以上のセミナー登壇実績をもつ。著書に『あたらしいWebマーケティングの教科書』『ITパスポート最速合格術』『高度試験共通試験によくでる午前問題集』(技術評論社)、『絶対合格 応用情報技術者』(マイナビ)、『やさしい基本情報技術者問題集』『やさしい応用情報技術者問題集』(ソフトバンククリエイティブ)、『問題解決に役立つ生産管理』『問題解決に役だつ品質管理』(誠文堂新光社)などがある。

スペシャルトピックスPR

hpearuba1711
watchguard1711
watchguard1712

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます