キーパーソンが語る

ワイヤレスジャパン2015事前特集

トラフィックの可視化と最適制御を実現――通信事業者の収益向上に貢献するPacketLogic

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2015.05.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

プロセラネットワークス
バイスプレジデント
ジャパンカントリーマネージャー
菅野真一氏

DPI技術を用いて通信事業者のトラフィックの可視化や最適制御を実現するプロセラネットワークスの「PacketLogic」。日本でも導入が広がっているこの製品の何が支持されているのか――。

――プロセラネットワークスはどういう会社なのですか。

菅野 2002年に創業した米国の会社で、本社はカリフォルニア州のフリーモントという街にあります。当初はネットワークスイッチを手掛けていましたが、2006年にスウェーデンのDPI(Deep Packet Inspection)ベンダーを買収し、これを機にトラフィックを可視化、制御する事業に移りました。2013年にはカナダのベンダーも買収し、スウェーデンとカナダで研究開発を進めています。

ビジネスの中心となっているのが通信事業者向けの「PacketLogic」という製品で、世界の多くのお客様にご利用いただいています。

――PacketLogicはどのようなソリューションなのですか。

菅野 PacketLogicは、ネットワークを流れるトラフィックを解析し、さらにこれを加入者情報など、ネットワーク上の様々なデータと組み合わせて、可視化やトラフィックの制御を実現するものです。これによってネットワークコストの削減やユーザー体感の改善、新しい料金プランやサービスを実現することができるのです。

――具体的にはどんな製品になるのですか。

菅野 PacketLogicは、3つのアプライアンス製品として提供しています。

1つがトラフィックを解析する機能と、トラフィックの制御などを行うPCEFの機能を持つPRE(PacketLogic Realtime Enforcement)です。PCEFはPCRF(ポリシー制御モジュール)のポリシーを実行するものですが、PREはPCRFがなくてもネットワークの混雑や品質、アプリケーションなどを自ら検知して円滑な通信ができるよう制御できます。

もう1つが、PREで得られた情報を加入者情報とマッピングしたり、BSS/OSS、PCRFなどとの連携により高度な処理を可能にするPSM(PacketLogic Subscriber Manager)。最後がこれらの情報を様々な形で可視化したり解析レポートを提供したりする PIC(PacketLogic Intelligence Center)です。

PREは単体で導入することもできるのですが、多くのお客様はこの3つをセットで導入されています。(図表1)


図表1 モバイルネットワークへの適用例
モバイルネットワークへの適用例

 

ビデオの体感品質向上にも

――どういった用途で使われるのですか。

菅野 PacketLogicはあくまでプラットフォームで、お客様のニーズによっていろいろな使い方ができます。例えばPacketLogicの「Insights」という可視化ツールを使うと、ユーザーの利用状況を料金プランやアプリケーション、端末/基地局毎など様々な括りで可視化してWeb上で見ることが可能です。

これによって、例えば加入者の20%が加入している料金プランのユーザーが全体の40%のトラフィックを発生させている、またどの様なアプリケーションをいつどのくらい使用しているのか、といったことが一目で分かりますから、これらをサービス開発やマーケティングに活かすことができます。コールセンターに導入すればそのユーザーが直近の一週間にどんな通信を行い、今どこにいて、通信品質はどうなのかということが分かるので効率的な対応が可能になり、顧客満足度だけでなく、コスト削減にもつながります。

またPacketLogicを用いることでトラフィックを最適かつ公平に制御したり、年少者を対象に有害コンテンツを遮断するペアレンタルコントロールなどの機能も容易に実現することが可能です。

PacketLogicを使って新しい料金プランやサービスを実現するケースもでてきています。

――どのような料金プランが実現できるのでしょうか。

菅野 海外では、特定のサイトにアクセスする際に画面に広告表示がされる代わりに通信料金を無料にするサービスを実現したケースがあります。同様の仕組みを使って特定のショッピングサイトで買い物をしている間はパケット料金がかからない、逆にコンテンツをパケット単位で課金するというモデルも可能なのではないでしょうか。

PacketLogicを活用することで、アプリケーションや曜日、時間帯、ロケーションなどに応じた多様なプランが容易に実現できるのです。

――使い方は通信事業者のアイディア次第だと。

菅野 そうです。同時に当社では最近のトラフィック動向にあわせたソリューションを展開しています。最近ではビデオが非常に多くのトラフィックを生み出しており、通信事業者のビデオコンテンツやYou Tubeなどに加え、米国のNetflix社が今秋に日本でサービスを展開する予定など、更に増加していく傾向にあります。

通信事業者ではこのビデオの体感品質がユーザー体感の重要な指標になり、当社ではビデオトラフィックの可視化ソリューション「Video Perspectives」をリリースしました。ビデオの品質をセッション毎に見ることができるもので、ネットワークから得られる情報だけでなく、画面サイズや解像度などの端末側の情報も取得して独自のアルゴリズムで処理することで個々のユーザーが実際に体感している映像品質を算出し、5段階にランク付けして表示します。

このソリューションで好評を得ているのが、単にランク付けするだけでなく、低ランクの項目をクリックすると何が問題なのかをドリルダウンして原因を特定できることです。いち早く手を打って顧客満足度を高められる。映像関連のトラフィックが急増する中、これは通信事業者の大きな差別化ポイントになるはずです。

こうしたトラフィック可視化の高度化により、通信事業者の多くの施策を実現します。(図表2)


図表2 トラフィック可視化を高度化する事によるメリット
トラフィック可視化を高度化する事によるメリット

スペシャルトピックスPR

limelight1805
d-link1805
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_a
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます