キーパーソンが語る

ワイヤレスジャパン2015事前特集

トラフィックの可視化と最適制御を実現――通信事業者の収益向上に貢献するPacketLogic

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2015.05.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

プロセラネットワークス
バイスプレジデント
ジャパンカントリーマネージャー
菅野真一氏

DPI技術を用いて通信事業者のトラフィックの可視化や最適制御を実現するプロセラネットワークスの「PacketLogic」。日本でも導入が広がっているこの製品の何が支持されているのか――。

――プロセラネットワークスはどういう会社なのですか。

菅野 2002年に創業した米国の会社で、本社はカリフォルニア州のフリーモントという街にあります。当初はネットワークスイッチを手掛けていましたが、2006年にスウェーデンのDPI(Deep Packet Inspection)ベンダーを買収し、これを機にトラフィックを可視化、制御する事業に移りました。2013年にはカナダのベンダーも買収し、スウェーデンとカナダで研究開発を進めています。

ビジネスの中心となっているのが通信事業者向けの「PacketLogic」という製品で、世界の多くのお客様にご利用いただいています。

――PacketLogicはどのようなソリューションなのですか。

菅野 PacketLogicは、ネットワークを流れるトラフィックを解析し、さらにこれを加入者情報など、ネットワーク上の様々なデータと組み合わせて、可視化やトラフィックの制御を実現するものです。これによってネットワークコストの削減やユーザー体感の改善、新しい料金プランやサービスを実現することができるのです。

――具体的にはどんな製品になるのですか。

菅野 PacketLogicは、3つのアプライアンス製品として提供しています。

1つがトラフィックを解析する機能と、トラフィックの制御などを行うPCEFの機能を持つPRE(PacketLogic Realtime Enforcement)です。PCEFはPCRF(ポリシー制御モジュール)のポリシーを実行するものですが、PREはPCRFがなくてもネットワークの混雑や品質、アプリケーションなどを自ら検知して円滑な通信ができるよう制御できます。

もう1つが、PREで得られた情報を加入者情報とマッピングしたり、BSS/OSS、PCRFなどとの連携により高度な処理を可能にするPSM(PacketLogic Subscriber Manager)。最後がこれらの情報を様々な形で可視化したり解析レポートを提供したりする PIC(PacketLogic Intelligence Center)です。

PREは単体で導入することもできるのですが、多くのお客様はこの3つをセットで導入されています。(図表1)


図表1 モバイルネットワークへの適用例
モバイルネットワークへの適用例

 

ビデオの体感品質向上にも

――どういった用途で使われるのですか。

菅野 PacketLogicはあくまでプラットフォームで、お客様のニーズによっていろいろな使い方ができます。例えばPacketLogicの「Insights」という可視化ツールを使うと、ユーザーの利用状況を料金プランやアプリケーション、端末/基地局毎など様々な括りで可視化してWeb上で見ることが可能です。

これによって、例えば加入者の20%が加入している料金プランのユーザーが全体の40%のトラフィックを発生させている、またどの様なアプリケーションをいつどのくらい使用しているのか、といったことが一目で分かりますから、これらをサービス開発やマーケティングに活かすことができます。コールセンターに導入すればそのユーザーが直近の一週間にどんな通信を行い、今どこにいて、通信品質はどうなのかということが分かるので効率的な対応が可能になり、顧客満足度だけでなく、コスト削減にもつながります。

またPacketLogicを用いることでトラフィックを最適かつ公平に制御したり、年少者を対象に有害コンテンツを遮断するペアレンタルコントロールなどの機能も容易に実現することが可能です。

PacketLogicを使って新しい料金プランやサービスを実現するケースもでてきています。

――どのような料金プランが実現できるのでしょうか。

菅野 海外では、特定のサイトにアクセスする際に画面に広告表示がされる代わりに通信料金を無料にするサービスを実現したケースがあります。同様の仕組みを使って特定のショッピングサイトで買い物をしている間はパケット料金がかからない、逆にコンテンツをパケット単位で課金するというモデルも可能なのではないでしょうか。

PacketLogicを活用することで、アプリケーションや曜日、時間帯、ロケーションなどに応じた多様なプランが容易に実現できるのです。

――使い方は通信事業者のアイディア次第だと。

菅野 そうです。同時に当社では最近のトラフィック動向にあわせたソリューションを展開しています。最近ではビデオが非常に多くのトラフィックを生み出しており、通信事業者のビデオコンテンツやYou Tubeなどに加え、米国のNetflix社が今秋に日本でサービスを展開する予定など、更に増加していく傾向にあります。

通信事業者ではこのビデオの体感品質がユーザー体感の重要な指標になり、当社ではビデオトラフィックの可視化ソリューション「Video Perspectives」をリリースしました。ビデオの品質をセッション毎に見ることができるもので、ネットワークから得られる情報だけでなく、画面サイズや解像度などの端末側の情報も取得して独自のアルゴリズムで処理することで個々のユーザーが実際に体感している映像品質を算出し、5段階にランク付けして表示します。

このソリューションで好評を得ているのが、単にランク付けするだけでなく、低ランクの項目をクリックすると何が問題なのかをドリルダウンして原因を特定できることです。いち早く手を打って顧客満足度を高められる。映像関連のトラフィックが急増する中、これは通信事業者の大きな差別化ポイントになるはずです。

こうしたトラフィック可視化の高度化により、通信事業者の多くの施策を実現します。(図表2)


図表2 トラフィック可視化を高度化する事によるメリット
トラフィック可視化を高度化する事によるメリット

スペシャルトピックスPR

aruba1803
daiwa1802
ms1802

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】働き方改革×デジタルの
   新・教科書

5G+ロボットで遠隔就労/IoT家具で生産性向上/サテライトオフィス/RPAに単純作業はお任せ/音声AIが仕事を変える日

◆ノキア ジョン・ハリントン社長「5Gだけが『次世代』ではない。エンタープライズ市場への参入で拡大戦略」/◆NTTドコモの「トップガン営業」/◆LTE網を汎用ハードとOSSで作る/◆Tモバイルが600MHz帯に5G導入/◆マルチクラウド化の準備を始めよう!◆日立製作所のSD-WAN導入

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
wsd
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます