新製品&新サービス

GPS不要で居場所が分かる!加藤電機が920MHz帯活用の見守りサービス

文◎太田智晴(編集部) 2015.02.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

加藤電機 代表取締役社長 加藤学氏

920MHz帯特定小電力無線を使って、児童や認知症老人などの居場所を捜索できる「SANフラワー見守りサービス」が登場した。GPSよりも“正確”に居場所を特定できるという。


加藤電機は2015年2月26日、920MHz帯の特定省電力無線を使った「SANフラワー見守りサービス」を発表した。

愛知県半田市に本社を置く同社は、カーセキュリティ機器などの開発・製造・販売を行う企業。記者会見には、SANフラワーのサポーター企業であるアキレス、イエローハット、オートバックスセブン、KDDI、日本大学、知多信用金庫も参列した。


SANフラワー見守りサービスの概要
SANフラワー見守りサービスの概要


SANフラワー見守りサービスは、認知症の高齢者の徘徊問題、子供の連れ去り対策、災害時の人命救助などに活用できるサービスだ。GPSを利用せず、より正確に居場所を捜索できるのが特徴だという。

これまでも加藤電機は、自動車盗難対策や児童見守りのための位置検索サービスを、GPSやPHSを利用して提供してきた。それが今回、920MHz帯の特定小電力無線を採用したのは、次の理由からだと代表取締役社長の加藤学氏は説明した。

まずは精度。「GPSは10mほどの誤差がある。また、GPSは屋外で使うためのもので、GPS衛星の電波を受信できない建物の中では、全然違う場所が表示される」。PHSの基地局を使った位置検索も、「当社の特許技術を使っても70m程度の誤差が出てしまう」という。

さらに、GPSやPHSなどでは、バッテリー持続時間や通信事業者に毎月支払う月額利用料も課題となる。

 

SANフラワー見守りサービスの仕組みとは?

では、920MHz帯の特定小電力無線を使ったSANフラワー見守りサービスは、どういった仕組みで位置検索をするのだろうか。

 


SANフラワー見守りサービスの仕組み
SANフラワー見守りサービスの仕組み


まず見守り対象の人やモノは、SANタグを携行・装着する必要がある。加藤電機ではアキレスと協力し、SANタグを収納するポケット付きの靴の開発も進めている。


SANタグの色見本 開発中のSANタグ対応シューズ
SANタグの色見本。サイズは約48×37×10mmで重さは約15g 開発中のSANタグ対応シューズ


SANタグは15秒間に1回、電波を発信し、SANアンテナに位置情報を送信する。SANアンテナには、800MHz帯のモバイル通信機能も搭載されており、KDDIのモバイル網経由でSANタグから受信した位置情報をクラウド上のサーバーに送信・蓄積する。


SANアンテナの概要
SANアンテナの概要


SANタグの通信可能距離は、住宅街などの見通し外通信で数百m、障害物のない見通し内通信で最大4kmだという。このため、例えば会見が行われた東京都港区全体をカバーするには、「SANアンテナが50本もあれば十分」と加藤氏。SANアンテナは、モバイルWi-Fiルーター程度のサイズの通信機器で、電源を挿すだけで容易に設置可能だ。

こうしてSANタグの位置情報がクラウド上のサーバーに送信され、スマートフォンやPCなどからSANタグの現在地を確認できるのである。


SANタグとSANリーダーの特徴
SANタグとSANレーダーの特徴


ただし、ここまでの仕組みでは、SANタグの大体の場所までしか分からない。そこで登場するのがSANレーダーだ。

SANタグから発せられる電波の強度から、目的のSANタグまでの距離と方向を表示するのがSANレーダーの役割。後述する「SAN見守り隊」がSANレーダーを持って現地に向かい、SANタグのより正確な場所を探り出す。会見では、加藤氏がSANレーダーを使って、SANタグを隠し持った記者を見つけるデモも披露された。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

watchguard1805
scsk1805
jpsecure1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます