新製品&新サービス

未知のマルウェアを“消毒”して無害化――“非サンドボックス型”の標的型攻撃対策が日本上陸

文◎太田智晴(編集部) 2015.01.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

VOTIRO社 VP Sales Arik Assayag氏

標的型攻撃対策の代表的ソリューションといえばサンドボックスだが、これに対抗する製品が日本に上陸した。元イスラエル国防軍の諜報部の2人が創業したVOTIRO社の「Secure Data Sanitization(SDS)」である。


企業にとって今、最大の脅威の1つとなっている標的型攻撃――。その対策ソリューションとしては、サンドボックスがよく知られているが、新しいアプローチによる標的型攻撃対策ソリューションがイスラエルから上陸した。アズジェントが2015年2月1日から販売開始するVOTIRO(ボティーロ)社の「Secure Data Sanitization(SDS)」である。ちなみに、VOTIRO社の共同創業者2人は元イスラエル国防軍の諜報部で、現在の社員数は15名だという。

サンドボックスは未知のマルウェアを仮想環境上で実行し、そのふるまいを実際に確認することで、マルウェアかどうかを判定するソリューションだ。これに対し、VOTIRO社のSDSは、すべてのファイルをサニタイズ(無害化)することで、未知のマルウェア対策を実現する。アズジェント 営業本部 事業企画部長の山口智之氏は、これを「消毒」と表現する。

アズジェントによると、エクスプロイト(脆弱性を利用した攻撃をするためのスクリプトやファイル)は一般的にファイルのメタデータや空きビットスペース、マクロの中に含まれているという。そこでSDSでは、これらのデータをチェックし、ファイルに不要なデータを削除ないしは意味のない情報に書き換えることで、攻撃用の実行ファイルを無害化する。これがSDSの行う消毒作業だ。


SDSのサニタイズ(無害化)の仕組み
SDSのサニタイズ(無害化)の仕組み


具体的な流れを説明すると、SDSではまずシグネチャベースで既知のマルウェアを検知し、ブロックする。ここをすり抜けたファイルの中に、未知のマルウェアが紛れている可能性があるわけだが、これらファイルすべてを対象に消毒作業を行うという順番だ。なお、EXEファイルとHWPファイル(韓国のワープロソフトのファイル形式)には対応していない。


SDSがファイルを消毒する流れ
SDSがファイルを消毒する流れ


消毒作業とは、つまりファイルの書き換えである。しかも、対象はすべてのファイルだ。このため「ファイルの消毒時に何かトラブルが起きるのでは?」という懸念を抱く人もいるだろうが、VOTIRO社 VP SalesのArik Assayag氏は次のように説明している。

「ファイルには何ら影響を与えないかたちで、エクスプロイトを無効化できる。製品が発売されて5年が経つが、これまでに100億件のファイルを処理してきた。しかし、ファイルを壊してしまったのはたった5件。極めて稀といえると思う」

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

arbor1705
checkpoint1706
takarajoho1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Dbanner

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
iot13
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます