新製品&新サービス

未知のマルウェアを“消毒”して無害化――“非サンドボックス型”の標的型攻撃対策が日本上陸

文◎太田智晴(編集部) 2015.01.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

VOTIRO社 VP Sales Arik Assayag氏

標的型攻撃対策の代表的ソリューションといえばサンドボックスだが、これに対抗する製品が日本に上陸した。元イスラエル国防軍の諜報部の2人が創業したVOTIRO社の「Secure Data Sanitization(SDS)」である。


企業にとって今、最大の脅威の1つとなっている標的型攻撃――。その対策ソリューションとしては、サンドボックスがよく知られているが、新しいアプローチによる標的型攻撃対策ソリューションがイスラエルから上陸した。アズジェントが2015年2月1日から販売開始するVOTIRO(ボティーロ)社の「Secure Data Sanitization(SDS)」である。ちなみに、VOTIRO社の共同創業者2人は元イスラエル国防軍の諜報部で、現在の社員数は15名だという。

サンドボックスは未知のマルウェアを仮想環境上で実行し、そのふるまいを実際に確認することで、マルウェアかどうかを判定するソリューションだ。これに対し、VOTIRO社のSDSは、すべてのファイルをサニタイズ(無害化)することで、未知のマルウェア対策を実現する。アズジェント 営業本部 事業企画部長の山口智之氏は、これを「消毒」と表現する。

アズジェントによると、エクスプロイト(脆弱性を利用した攻撃をするためのスクリプトやファイル)は一般的にファイルのメタデータや空きビットスペース、マクロの中に含まれているという。そこでSDSでは、これらのデータをチェックし、ファイルに不要なデータを削除ないしは意味のない情報に書き換えることで、攻撃用の実行ファイルを無害化する。これがSDSの行う消毒作業だ。


SDSのサニタイズ(無害化)の仕組み
SDSのサニタイズ(無害化)の仕組み


具体的な流れを説明すると、SDSではまずシグネチャベースで既知のマルウェアを検知し、ブロックする。ここをすり抜けたファイルの中に、未知のマルウェアが紛れている可能性があるわけだが、これらファイルすべてを対象に消毒作業を行うという順番だ。なお、EXEファイルとHWPファイル(韓国のワープロソフトのファイル形式)には対応していない。


SDSがファイルを消毒する流れ
SDSがファイルを消毒する流れ


消毒作業とは、つまりファイルの書き換えである。しかも、対象はすべてのファイルだ。このため「ファイルの消毒時に何かトラブルが起きるのでは?」という懸念を抱く人もいるだろうが、VOTIRO社 VP SalesのArik Assayag氏は次のように説明している。

「ファイルには何ら影響を与えないかたちで、エクスプロイトを無効化できる。製品が発売されて5年が経つが、これまでに100億件のファイルを処理してきた。しかし、ファイルを壊してしまったのはたった5件。極めて稀といえると思う」

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

panasonic201701
nttsoft201701
recomot201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます