新製品&新サービス

SAPがウェアラブル向け業務アプリの第一弾――倉庫&保守業務をスマートグラスで効率化

文◎太田智晴(編集部) 2014.11.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SAPジャパンがウェアラブルデバイスを活用した業務アプリケーションの提供を開始した。AR(拡張現実)により、スマートグラス内に作業指示などを表示。倉庫でのピッキング作業やフィールドでの保守保全作業を支援する。


「今や誰もがスマートデバイスを使っている。ウェアラブルに関しても、先行投資することで、ハードウェアの制約が取り払われたとき、SAPが先頭に立っていたい」

SAPジャパンは2014年11月6日、2つのウェアラブルデバイス向けモバイルアプリケーションを発表。その記者会見の席上、同社 IVE&ソリューション本部 テクノロジー&プラットフォームソリューション モビリティソリューションズ ディレクターの井口和弘氏はこのように述べ、SAPとしてウェアラブルに積極的に取り組んでいく姿勢を表明した。


SAPジャパン ソリューション&イノベーション統括本部 モビリティソリューション本部 シニアモビリティスペシャリスト 平垣達也氏 SAPジャパン IVE&ソリューション本部 テクノロジー&プラットフォームソリューション モビリティソリューションズ ディレクター 井口和弘氏
SAPジャパン ソリューション&イノベーション統括本部 モビリティソリューション本部 シニアモビリティスペシャリスト 平垣達也氏 SAPジャパン IVE&ソリューション本部 テクノロジー&プラットフォームソリューション モビリティソリューションズ ディレクター 井口和弘氏

 

倉庫での作業や保守保全作業をウェアラブルでハンズフリー化

現在のところ期待ばかりが先行している感もあるウェアラブル。SAPが狙うウェアラブルの業務活用についても、まだまだ未知数なわけだが、井口氏は「我々の独りよがりではない」と強調する。

「数多くのお客様が、Google Glassなどのスマートグラスに大変な興味を持たれている。今回発表した2つのアプリケーションも、ドイツ本社とユーザー企業10社とのコ・イノベーションにより生まれたものだ」

2つのウェアラブル向けアプリケーションとは、倉庫などでのピッキング作業を効率化する「SAP AR Warehouse Picker」と、保守保全作業を支援する「SAP AR Service Technician」である。SAPがウェアラブルにより、倉庫業務や保守保全業務にどのようなイノベーションをもたらそうと考えているかは、次のコンセプトビデオにまとめられている。


倉庫でのピッキング作業効率化に関するコンセプトビデオ


近未来のフィールドサービス業務に関するコンセプトビデオ


“コンセプトビデオ”と断っているように、このビデオで表現されている世界すべてが、今回の製品で現実化しているわけではない。「今できることを盛り込んだ。これはあくまで第一弾」と井口氏。

現時点で実装されている機能を紹介すると、SAP AR Warehouse Pickerではピッキング指示の受信や、スマートグラスのカメラを活用したバーコードの読み取り、音声認識によるコマンド入力などが可能になっている。


SAP AR Warehouse Pickerの概要
SAP AR Warehouse Pickerの概要


また、SAP AR Service Technicianは、3Dモデルによる作業手順の参照、音声メモによる作業報告の記録、遠隔地にいる専門家とのビデオ通話といった機能を搭載している。製品名にある通り、ともにAR(拡張現実)機能を活用し、現場業務の支援を実現している。従来こうした業務は、バーコードスキャナーやスマートデバイスなどを活用して行っていたが、スマートグラスを利用することでハンズフリー化できる。


SAP AR Service Technicianの概要
SAP AR Service Technicianの概要


なお、SAPのウェアラブル向けアプリケーションは、同社が最近注力している「業務のモバイル化」の延長線上にあるものだ。「我々はすでに500以上のモバイルアプリケーションをリリースしているが、今までモバイルで培ったものが、今回初めてスマートグラス対応として出たと認識してほしい」と同社 ソリューション&イノベーション統括本部 モビリティソリューション本部 シニアモビリティスペシャリストの平垣達也氏は説明した。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

arbor1705
yamaha1704
caso1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
openstack
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます