新製品&新サービス

SAPがウェアラブル向け業務アプリの第一弾――倉庫&保守業務をスマートグラスで効率化

文◎太田智晴(編集部) 2014.11.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SAPジャパンがウェアラブルデバイスを活用した業務アプリケーションの提供を開始した。AR(拡張現実)により、スマートグラス内に作業指示などを表示。倉庫でのピッキング作業やフィールドでの保守保全作業を支援する。


「今や誰もがスマートデバイスを使っている。ウェアラブルに関しても、先行投資することで、ハードウェアの制約が取り払われたとき、SAPが先頭に立っていたい」

SAPジャパンは2014年11月6日、2つのウェアラブルデバイス向けモバイルアプリケーションを発表。その記者会見の席上、同社 IVE&ソリューション本部 テクノロジー&プラットフォームソリューション モビリティソリューションズ ディレクターの井口和弘氏はこのように述べ、SAPとしてウェアラブルに積極的に取り組んでいく姿勢を表明した。


SAPジャパン ソリューション&イノベーション統括本部 モビリティソリューション本部 シニアモビリティスペシャリスト 平垣達也氏 SAPジャパン IVE&ソリューション本部 テクノロジー&プラットフォームソリューション モビリティソリューションズ ディレクター 井口和弘氏
SAPジャパン ソリューション&イノベーション統括本部 モビリティソリューション本部 シニアモビリティスペシャリスト 平垣達也氏 SAPジャパン IVE&ソリューション本部 テクノロジー&プラットフォームソリューション モビリティソリューションズ ディレクター 井口和弘氏

 

倉庫での作業や保守保全作業をウェアラブルでハンズフリー化

現在のところ期待ばかりが先行している感もあるウェアラブル。SAPが狙うウェアラブルの業務活用についても、まだまだ未知数なわけだが、井口氏は「我々の独りよがりではない」と強調する。

「数多くのお客様が、Google Glassなどのスマートグラスに大変な興味を持たれている。今回発表した2つのアプリケーションも、ドイツ本社とユーザー企業10社とのコ・イノベーションにより生まれたものだ」

2つのウェアラブル向けアプリケーションとは、倉庫などでのピッキング作業を効率化する「SAP AR Warehouse Picker」と、保守保全作業を支援する「SAP AR Service Technician」である。SAPがウェアラブルにより、倉庫業務や保守保全業務にどのようなイノベーションをもたらそうと考えているかは、次のコンセプトビデオにまとめられている。


倉庫でのピッキング作業効率化に関するコンセプトビデオ


近未来のフィールドサービス業務に関するコンセプトビデオ


“コンセプトビデオ”と断っているように、このビデオで表現されている世界すべてが、今回の製品で現実化しているわけではない。「今できることを盛り込んだ。これはあくまで第一弾」と井口氏。

現時点で実装されている機能を紹介すると、SAP AR Warehouse Pickerではピッキング指示の受信や、スマートグラスのカメラを活用したバーコードの読み取り、音声認識によるコマンド入力などが可能になっている。


SAP AR Warehouse Pickerの概要
SAP AR Warehouse Pickerの概要


また、SAP AR Service Technicianは、3Dモデルによる作業手順の参照、音声メモによる作業報告の記録、遠隔地にいる専門家とのビデオ通話といった機能を搭載している。製品名にある通り、ともにAR(拡張現実)機能を活用し、現場業務の支援を実現している。従来こうした業務は、バーコードスキャナーやスマートデバイスなどを活用して行っていたが、スマートグラスを利用することでハンズフリー化できる。


SAP AR Service Technicianの概要
SAP AR Service Technicianの概要


なお、SAPのウェアラブル向けアプリケーションは、同社が最近注力している「業務のモバイル化」の延長線上にあるものだ。「我々はすでに500以上のモバイルアプリケーションをリリースしているが、今までモバイルで培ったものが、今回初めてスマートグラス対応として出たと認識してほしい」と同社 ソリューション&イノベーション統括本部 モビリティソリューション本部 シニアモビリティスペシャリストの平垣達也氏は説明した。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
nec1707

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます