企業ネットワーク最前線

【ピーエス三菱】なぜ経営層はクラウド型PBXとiPhoneの全社導入に“ゴーサイン”を出したのか?

文◎百瀬崇(ライター) 2014.10.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

プレストレストコンクリート工法という独自技術を強みとし、土木工事や建築工事などを請け負うピーエス三菱。全社員にiPhoneを貸与するとともに、全国10拠点すべてのPBXをクラウド化し、業務効率を向上。さらに6年間で600万円のコスト削減やBCP対策の強化も実現した。

きっかけは東日本大震災だった――。ピーエス三菱は全国に10拠点を持つ。その1つである仙台市の東北支店では東日本大震災の後、PBXの故障が何度も発生。その都度、業者を呼んで修理していたが、「新しいPBXを購入したい」という声が東京本社の情報システム部に届くようになった。

また、ピーエス三菱では従来、PHSと無線LANにも対応し、内線端末にもなるKDDIの法人向けケータイ「E05SH」を利用していたが、経年劣化でマイクが壊れるなどのトラブルが起こるようになっていた。だが、E05SHの販売中止はすでに決まっており、新たなモバイル端末の導入も懸案事項となっていた。

こうした課題を抱えていたある日のこと、ネットワーク全般を任せているKDDIの営業担当者からクラウド型PBX「KDDI 仮想PBXサービス」の紹介を受ける。

「しかし、クラウド型PBXを導入する企業はまだ多くありませんでした。そのため、その話を聞いたとき、戸惑ったのは事実です」。ピーエス三菱 管理本部 情報システム部 部長の佐藤覚氏はこう打ち明ける。

 

ピーエス三菱
(左から)情報システム部 主任の丹羽謙太郎氏、総務人事部 総務グループの笠真一郎氏、情報システム部 グループリーダーの吉川充洋氏、情報システム部 部長の佐藤覚氏

 

クラウド型PBXが課題解決の切り札に

だが、その戸惑いは長く続かなかった。ピーエス三菱はKDDI 仮想PBXサービスの導入に前向きな姿勢を示すようになる。なぜなら検討の結果、KDDI 仮想PBXサービスを導入することで、管理部門の業務負荷が軽減されるだけでなく、経費削減とBCP対策にもなることがわかったからだ。

ピーエス三菱では以前、大阪支店を移転する際にPBXを一緒に移設したが、業者に頼んで行ったところ、それなりの費用がかかった経験がある。

「人事異動などでオフィスのレイアウト替えをするときも、PBX業者に頼む必要がありました。本社オフィスでは毎月2~3回は業者を呼んでいます。しかも、業者との契約を行ったのが前任者だったりすると、どういう内容の契約なのかがわからず、管理上の問題となることもありました」と管理本部 総務人事部 総務グループの笠真一郎氏は話す。

KDDI 仮想PBXサービスの導入は、こうした課題を一気に解決する手段になり得るものだった。

そして情報システム部と総務グループは、KDDI 仮想PBXサービスをグループ全体で導入する方向で動き出す。本社およびグループ会社の経営者に、KDDI 仮想PBXサービス導入のメリットを説明して回った。「グループ全体の電話網がガラッと変わるので、最初は相当苦労するかもしれないということも正直に話しました」と佐藤氏は言う。

経営層の返事は「Go!」だった。ゴーサインを得られた最大の決め手は、BCP対策の強化につながるためだ。クラウド上のPBXを利用すれば、拠点が万一災害に見舞われても、電話システムが完全にダウンすることはない。東日本大震災を経験したことで、経営層は災害対策の重要性を身に染みて感じていたのだ。

なお、KDDI以外にもクラウド型PBXを提供する通信事業者はあるが、「KDDIのネットワークが優れているだけでなく、それまで受けてきたサービスにも満足していたため、他社のサービスと比較することなくKDDIのクラウド型PBXを選択しました」(佐藤氏)という。

スペシャルトピックスPR

nec1711
hpearuba1711
watchguard1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます