企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 2014 レポート

レコモット東郷氏「スマホで業務を存分に行うにはMAMが不可欠」

文◎百瀬崇(ライター) 2014.10.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

スマートデバイスを業務で利用する最大の目的は、ビジネスアプリを活用すること。だが、そのためにはセキュアな環境が必要となる。従来、MDM(モバイルデバイス管理)がその役割を担うとされてきたが、レコモットの東郷剛氏は「本当に必要なのはMAM(モバイルアプリケーション管理)だ」と主張する。


9月4日に開催された「ワークスタイル変革Day 2014」で講演を行ったレコモットの東郷剛氏。同氏によると、スマートデバイスを業務利用する最大の目的は、ビジネスアプリを安全に使うこと。そして、その際に必要となるのは、MDMではなくMAMだという。


レコモット 代表取締役CEO 東郷剛氏
レコモット 代表取締役CEO 東郷剛氏


もっとも、東郷氏はMDMを完全に否定しているわけではない。企業が社員にスマートデバイスを支給する場合には有効なツールであることを認めている。

「しかし、その場合でも、リモートワイプ(遠隔データ消去)のためにMDMを導入するのは正しい方法ではない。例えば、ワークスタイル変革のために有効とされるBYOD(私有端末の業務利用)でリモートワイプを行うと、個人の情報まで消してしまうことになる。そもそも企業の情報資産を端末に残すことが前提になっていること自体がおかしい」と指摘する。

 

操作性に優れ、端末にデータが残らない「moconavi」

東郷氏によると、MAMは大きく4つのタイプに分けることができるという。


MAMは大きく4つのタイプに分けることができる
MAMは大きく4つのタイプに分けることができる


1つは「MDM系MAM」で、個人の領域は無視してビジネスの領域だけを監視し、必要があればリモートワイプを行うもの。MDMと一体化して提供される。

メールやカレンダー、Webブラウザなどといったアプリがすべて分かれており、それぞれのアプリのコントロールとデータのリモートワイプが行えるが、デバイスにデータが残り、リモートワイプ自体の成功率が低いことが弱点になるという。

2つめは「セキュアブラウザ型ソリューション」だ。メールやカレンダー、アドレス帳などをすべてHTMLコンテンツに変換したうえで、端末にデータを残さないセキュアブラウザで閲覧する。レスポンスや操作性に難があるだけでなく、きちんとログアウトしないとデータが残ることもあるという。

3つめは「シンクライアント型MAM」である。Windowsをシンクライアントで操作するため、端末にデータが残らず、セキュリティ強度の面では優れているが、用途は限られる。「例えば、iPhoneのネイティブのメーラーでメールを読むのと、Windowsの画面上でMicrosoft Outlookを開いてメールを読むのではどちらが見やすいか。一目瞭然だ」と東郷氏。タブレット端末にキーボードを付けて、マイクロソフトのOfficeを操作するといった場合であれば利用価値は高いものの、それ以外の用途では使いづらいのが欠点だという。

4つめはレコモットのMAM「moconavi」である。メールやカレンダー、セキュアブラウザなどの機能を持つ専用アプリが用意されているため操作性が高く、しかもmoconaviなら端末にデータが残らない。このため当然、リモートワイプを行う必要もない。

また、「通信経路は暗号化され、VPNや通信キャリアの閉域網にも対応する。個体識別番号認証によって利用デバイスを特定することも可能だ」と東郷氏は胸を張る。さらに、ジェイルブレークやroot化された端末は社内システムに接続できない仕組みも取り入れている。

 

スペシャルトピックスPR

hpearuba1711
watchguard1711
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます