ビジネス・企業

【ワイヤレスジャパン】日本IBMが提案する“簡単かつ効率的なM2M”の秘訣

文◎坪田弘樹(編集部) 2014.05.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

M2M/IoTを活用した新サービス、新ビジネスを実現するには、センサー等が取得するデータを収集し、蓄積、分析、そして活用するための一連の仕組みを構築する必要がある。通信・ネットワークからサーバー/ストレージシステム、アプリケーションまで幅広いソリューションが組み合わさってできているのがM2M/IoTシステムなのだ。

この一連の流れを通して、M2M/IoTシステム全体を効率化する各種技術・ソリューションをまとめて展示しているのが、ワイヤレスジャパンの日本IBMブースである。キーとなる技術が、次の3つだ。

まず1つ目が、「データ収集」。通常、センサーデータをサーバー/ストレージに伝送する際の通信にはHTTPプロトコルが用いられるが、日本IBMではこれに代わるプロトコルとして「MQTT」を推奨している。これは、“M2M特化型”として開発されたプロトコルで、軽量かつシンプルに扱える点が特徴だ。バッテリー消費量も少なく、多様かつ多量のデバイスを扱うM2Mに適している。

 

M2M特化型の通信プロトコル「MQTT」は、ヘッダ容量が小さく、HTTPに比べてデータ量を軽量化できる。日本IBMブースでは、このMQTTに対応するアプライアンス「IBM MessageSight
」を使ったデモも行われている



2つ目は、収集したデータを効率的に「分析・処理」する技術である。一般的にM2Mでは、収集したデータをいったんストレージに蓄積してから必要に応じてそれを加工、分析する。だが、これでは、データ量の増大に伴ってストレージ容量が再現なく増加、さらに集めたデータを活用するまでに時間がかかり、即効性のあるサービス(例えば、機器の異常を検知したらすぐにアラームを上げたり、修理を行う)は実現できない。

この課題を解消するのが、日本IBMの「ストリーミングコンピューティング」である。蓄積する前に、リアルタイムにデータ処理・分析を行うというもので、あらかじめ必要なデータと、処理・分析方法を決めておき、流れてくるデータを逐次処理することで、より付加価値の高いM2Mサービスを行えるようになるという。

最後が、M2Mデータを活用するためのモバイルアプリ開発・実行基盤「IBM Worklight」だ。Eclipseベースの開発ツールと、マルチデバイス対応のランタイム、サーバーシステム等で構成されるもので、これを使ってアプリの設計・開発を行うことで、iOS、Android、Windowsといった各種端末向けのアプリを一元的に開発し、管理できる。アプリの改ざん防止や暗号化、認証といったセキュリティ機能も備えている。

 

MQTTとIBM Worklightを活用したサービス例


これらの仕組みでM2M/IoTサービスをトータルにサポートする日本IBM。豊富な活用事例も同ブースでは紹介されている。

スペシャルトピックスPR

watchguard1711
watchguard1712
cyvereason1712

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図
     ~これから2020年までに起こること~


◆[インタビュー]原田博司 京大教授「Wi-SUN FANが海外で人気! LPWA市場で世界第3位へ」 ◆ブロックチェーンにIoT担当者が注目すべき理由 ◆SD-WANの2018年 ◆Skype for Businessが働き方を変える ◆“業界3位” エクストリームネットワークスの野望

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズチェック・ポイントのSMB戦略
あらゆる環境で攻撃を未然に防ぐ

日本向けにローカライズし、パートナーもユーザーも扱いやすく。

ロジクールSkype for Business用
会議室コンソール「SmartDock」

働き方改革に有効なSfB会議が簡単かつ安全に始められる!

協和エクシオSfB導入の課題解決をサポート

協和エクシオは通建事業60年のノウハウを活かし、Skype for Business導入トータルサービスを提供する。

ソフトバンクSkype for Businessの利用促進
コスト大幅削減を実現するには?

ソフトバンクのGlobalMeet電話会議サービスで実現可能だ。

ブロードメディア・テクノロジーズグローバル企業の悩みを一掃!
“本当に使える”SD-WAN基盤

WANの課題を一掃するAryakaの
SD-WANが心強い味方になる。

NECネッツエスアイSilver PeakのSD-WANは
独自技術でSaaS通信をフル制御

「SaaSを快適かつ安定的に使いたい」という企業ニーズに応える。

日商エレクトロニクスクラウドが快適に使えるSD-WAN

日商エレクトロニクスが販売する「Cisco SD-WAN」(旧Viptela)は、常に進化し続けるSD-WANだ。

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018b
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます