新製品&新サービス

デルソニックウォールが次世代ファイアウォールの“第6世代”新製品を発表

文◎坪田弘樹(編集部) 2013.08.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

デルソニックウォールは2013年8月30日、次世代ファイアウォール製品の新モデル「新NSA(Network Security Appliance)シリーズ」の販売を開始した。中堅企業や大企業の中小拠点をターゲットとしたミッドレンジ向けの製品。NSAシリーズとして“第6世代”の製品となり、前世代のNSAシリーズ発売から約5年ぶりのリリースとなる。

 

デル・ソフトウェア セールスエンジニアの富田隆一氏と、今回発売する「新NSAシリーズ」

「第6世代NSAシリーズ」の最大の特徴は、新たに開発したCPUによる処理性能の向上だ。デル・ソフトウェア セールスエンジニアの富田隆一氏は、「CPUクロック周波数の向上とコア数の増強により、第5世代に比べて2倍前後パフォーマンスが向上している」とアピールした。また、複数あるコアのうち、トラフィック処理用のコアとは別にマネジメント専用コアを用意することで、一方の負荷が高まっても全体の性能が劣化しない工夫を施した。

従来機種から引き続き搭載される独自技術「RFDPI」も、NSAシリーズの差別化ポイントとなる。一般的に次世代ファイアウォール/UTM製品では、メモリ上にデータを蓄積して検査を行うため、セッション数とデータサイズが増えると、転送データをすべて検査しようとした場合にメモリ領域が圧迫されることになる。これが、データサイズの制限や遅延発生の要因となる。これに対しRFDPIは、データをメモリに蓄積することなく検査を行う仕組みであり、「これがデルソニックウォールの大きな強みとなっている」(富田氏)という。

 

Dell SonicWALL NSA シリーズのラインナップと主なスペック

ハードウェア構成については拡張性を考慮し、ミッドレンジ向けながらNSA3600/4600/5600では10Gポートを2個、NSA6600では4個実装した。また、全モデルでリンクアグリゲーション(複数の物理回線を仮想的に束ねて1本の回線として扱う)に対応。将来的なトラフィック増にも耐え得る設計となっている。

この新NSAシリーズはすでに海外で販売が開始されており、日本発売は主要国では最も遅いタイミングとなった。理由の1つはローカライズであり、管理用インターフェースや豊富なレポーティング機能は日本語で利用できる。価格はオープン価格で、デルソニックウォールの販売代理店で販売される。

スペシャルトピックスPR

recomot1705
qloog1705
macnica1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Dbanner

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
sbw2017_2
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます