ニュース

【ワイヤレスジャパン】Wi-Fiの「エリアの狭さ」を活かして新ビジネス ―― NTTBP小林社長・基調講演

文◎坪田弘樹(編集部) 2013.05.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

2013年5月29日、東京ビッグサイトで開幕したワイヤレスジャパン2013では、基調講演のトップでNTTBPの小林忠男社長が同社のWi-Fiプラットフォーム戦略について説明した。

NTTBP代表取締役社長の小林忠男氏

NTTグループは現在、FTTH等の固定ブロードバンド、3G/LTE等の移動通ブロードバンドに続く“第3のアクセス”として公衆無線LANサービスを位置づけ、駅や空港、コンビニといった施設で無料のインターネットサービスを提供している「Wi‐Fiプラットフォーム」を強化している。このWi-Fiプラットフォームの整備、強化を担っているのがNTTBPだ。

小林氏は同社の取り組みを紹介するに当たり、「現在は3番目のステージ」と話した。Wi-Fiで高速なインターネット接続サービスを提供するためのインフラ整備(アクセスポイント(AP)の敷設等)が第1ステージ、それらを使ってモバイルトラフィックのオフロードに対応するのが第2ステージ。そして、現在は、Wi-Fiプラットフォームを活用し、企業顧客に対して付加価値サービスを提供する「Wi-Fiクラウド」事業に注力している。これが3番目のステージとなる。

事業のベースとなるインフラ整備については、すでに全国に12万のAPを設置しており、すべてがIEEE802.11nに対応している。13年度末には16万まで拡張する予定だ。同社のAPは、最大16のSSIDをサポートしており、1台で複数キャリア・事業者に対してインターネット接続サービスを個別に提供できる。NTTBPのAPを借り受けることで「通信キャリアは自前でAPを設置しなくてもよく、”割り勘効果”でコストを安くできる」(小林氏)わけだ。

基盤事業である設備(APとネットワーク)卸事業


特徴として小林氏が強調するのは、APの設置場所だ。他の事業者に先駆けてWiFiインフラの整備を手掛けてきたからこそ、「人の集まるところにAPを持っている」。WiFi対応端末の普及もあり、1日の総リーチ端末数は1億台にも達するという。

この“集客力”を、付加価値サービスと新収益創出に活かそうというのがWi-Fiクラウド事業の狙いだ。これまでNTTBPは無線LANのAPを貸す――つまり、インターネット接続が可能な“土管”を貸す――ビジネスを主軸としてきた。顧客は通信キャリアであり、その目的は高速な無線インターネット接続やトラフィックのオフロードだった。現在はそれに加え、APを設置するエリアオーナーをターゲットとした新ビジネスを展開している。Wi-Fiプラットフォーム上に、顧客であるエリアオーナーごとの専用認証システムやコンテンツ配信システムなどを構築し、より付加価値の高いサービスを提供する。

NTTBPのビジネスモデルの変化


3GやLTEなど無線アクセスを提供するサービスは複数あるが、無線LAN強みは「エリアが狭い」ことにあると小林氏は話した。1つのAPがカバーする「特定のスポット」に来る人に対してピンポイントに情報提供が行える無線LANのメリットを活かしたビジネス事例が続々と増えているという。

実際にこのWi-Fiクラウドを活用している例として、セブン&アイ・ホールディングスが行っている「セブンスポット」がある。コンビニの来店客に対して無料のインターネットサービスを提供するのに加え、電子クーポンやアイドルの壁紙といったコンテンツを配信することに使われている。福岡市も、NTTBPと共同で「Fukuoka City Wi-Fi」と呼ぶサービスを展開中だ。外国人の観光客向けに4か国語対応の専用ポータルサイトを設け、フリーのインターネットサービスとエリア情報の提供などを行っている。2013年3月の月間アクセス数は9万にも上ったという。このほか、東京メトロが提供している情報配信サービス「MANTA(マンタ)」、西武ドームの「Lions Wi-Fi」などでもNTTBPのWi-Fiプラットフォームが活用されている。

Wi-Fiクラウドはセブン&アイHDや福岡市、任天堂などで使われている


小林氏は今後も、Wi-Fiクラウド事業をより拡大していく考え。先行ユーザーで効果が上がるにつれ、「いろいろな業種業態のお客様から引き合いをいただいており、対応しきれないほど」好調という。事業拡大に向けて「業種に合わせてカスタマイズしたサービスを提供していきたい」と講演を締めくくった。

スペシャルトピックスPR

casb1804
kccs1805
watchguard1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_a
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます