新製品&新サービス

オラクルのSDN/仮想ネットワーク戦略は「InfiniBand」がキモ

文◎太田智晴(編集部) 2013.04.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本オラクル システム事業統括
ソリューション・プロダクト統括本部 副統括本部長
プロダクト・マネジメント・オフィス 本部長
宮坂美樹氏

SDNへの期待が高まるなか、日本オラクルが仮想ネットワーク製品「Oracle Virtual Networking」に関する記者説明会を開いた。オラクルのSDNの大きな特徴の1つは「InfiBand」を採用している点だ。

SDN(Software Defined Network)や仮想ネットワークのための要素技術といえば、OpenFlowやVXLAN、TRILLなどのワードが思い浮かぶが、日本オラクルが展開するSDN/仮想ネットワークソリューションの土台となっているのはInfiniBandだ。

InfiniBandとは、主にHPC(High Performance Computing)の分野で使われてきたインターコネクト技術。イーサネットを上回る広帯域・低遅延も実現可能なことからHPC市場では一定のポジションを築いてきたものの、提供ベンダーが限られているなどの問題から、エンタープライズ市場ではほとんど採用されてこなかった。ただ最近、風向きは変わりつつある。

データセンターネットワークでは現在、サーバー間トラフィック(東西トラフィック)の急増が課題になっているが、これを解決する高速サーバー間通信技術としてオラクルなどがInfiniBandを積極的にプッシュしているからだ。さらにオラクルは昨年買収したI/O仮想化ベンダー、Xsigo Systemsの技術を用いて、InfiniBandを活用したSDNソリューション「Oracle Virtual Networking」を提供している。

4月4日、日本オラクルはSDN/仮想ネットワーク製品に関する記者説明会を開催したので、その概要をレポートする。

Oracle Virtual Networkingの3つの価値とは?

日本オラクル プロダクト・マネジメント・オフィス 本部長の宮坂美樹氏は、オラクルの仮想ネットワークの価値について3つのキーワードを挙げて説明した。

1つめは「シンプル」で、これはまずケーブリングの簡素化を意味している。サーバー集約・仮想化環境では、例えば1GbEのNICが3枚に10GbE NICが1枚、それにFC用のHBAといった具合に1台の物理サーバーに数多くの物理I/Oを搭載するケースが少なくない。その結果、非常に複雑な配線になる。


InfiniBandでシンプルなケーブリングを実現
InfiniBandでシンプルなケーブリングを実現


しかし、InfiniBandでは、イーサネットやFC、iSCSIなどを1本のケーブルに統合することが可能だ。このため配線はすっきりし、「ハードウェアコストも50%くらい削減できる」(宮坂氏)という。


Oracle Fabric Interconnect
Oracle Fabric Interconnect。上段がInfiniBandのポートで、下段のI/Oモジュール・スロットにはイーサネットやFCなどのモジュールが挿せる


また、ネットワークの運用もシンプルになる。宮坂氏は実際に、運用ツールのGUI画面上から仮想NICを追加し、接続したい仮想ネットワークを選択して承認するだけで、ネットワークの変更が完了することをデモしてみせた。なお、Oracle Virtual Networkingでは最大1万6000の仮想ネットワーク環境を構築可能だ。

2つめの特徴は「高性能」である。オラクルでは仮想ネットワーク用のハードウェアとして「Oracle Fabric Interconnect」を2モデル用意しているが、最大でサーバー当たり40Gb InfiniBand×2の80Gbpsを実現できる。


InfiniBandのパフォーマンスの特徴
InfiniBandのパフォーマンスの特徴


最後の3つめは「高セキュリティ」で、完全に独立したマルチテナントネットワークが構築可能とされた。VLANによる論理分割の場合、物理的にはネットワークは分離されていないわけだが、Oracle Virtual Networkingでは下のスライドのように、異なる物理ポートに仮想NICを終端させることで、完全に分離できるという。


I/Oを完全に分離可能だという
I/Oを完全に分離可能だという

スペシャルトピックスPR

nec1710
ipswitch1710
yamaha1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます