キーパーソンが語る

ソフトバンク宮川専務 「900MHz帯でドコモとau超える。AXGPは一番の戦力に!」

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長) 2012.11.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ソフトバンクモバイルは7月25日、900MHz帯でサービスを開始した。集中的な投資により当初の計画を前倒しして、2014年3月末まで計画の実現を目指す。「設備投資にお金をかける以上、サービスも本物であるべき」と責任者の宮川氏は意気込みを見せる。


(※本インタビューは、ソフトバンクがテザリング解禁やイー・アクセスおよび米スプリント・ネクステルの買収を発表する前の9月上旬に行われたものです

――CTOとしてこの間、インフラ建設の責任を持ってきましたが、7月25日から念願の900MHz帯のサービスが始まりました。

宮川 900MHz帯の設備投資に会社として2年間で1兆円もの金額を投じるので、結果を出さなければならないと強いプレッシャーを感じています。

総務省に提出した計画書では2017年3月末に基地局4万1000局、エリアカバー率99.9%を目指すことになっているのですが、できるだけ2014年3月末までに一通り決着をつけたいと考えており、社内向けにもそうハッパをかけています。

――2012年度は1万6000局を上回る基地局を設置する方針ですが、進捗状況はどうですか。

宮川  実は総務省から周波数をいただく1年前から、獲得を前提に計画を立てていました。周波数が割り当てられた時に「ありがとうございます。これから本気で取り 組みます」というのでは愚の骨頂だと思ったからです。ドコモやKDDIがすでに持っているネットワークに追いつき、追い越して3社の中で1番になるような 計画だと自負しています。

2年という短い期間で集中的に投資をするため、機材を一括購入したり、工事の回転数を上げたりしていますが、ばらばらにやると1兆5000億円ぐらいかかる計算です。

も ともと持っている鉄塔をすべからく利用しつつ、加えて新しい鉄塔も次々に建てています。通建業界で年間を通じて建設できる鉄塔数には限度があるので、新た にゼネコンを使いコンクリートポールを建てています。通常のコンクリートポールは高さが25メートルですが、それではちょうど樹木にひっかかってしまうの で、高さ30メートルのコンクリートポールも作っています。沖縄で実験したところ、台風の影響も受けませんでした。


ソフトバンク 宮川潤一氏


――ドコモやKDDIを超えるというのは、どのような指標でですか。

宮川  我々の指標は、お客様が使いたい時に発着信できるかどうかです。お客様が来ない場所まで広げるつもりはありませんが、ドコモかKDDIのどちらかがカバー しているエリアは当社の電波も入るように設計しています。お客様の行動範囲は広く、しかも各社のカバーエリアは少しずつずれているので大変ですが、これが できれば当社のエリアが一番広くなります。ただ、いったん完成しても、お客様の声を聞いて、やり直しが発生することもあると予想しています。

――900MHz帯の基地局建設は大都市中心で地方を軽視していてつながらないとの指摘があるようです。


宮川 すでに北海道から沖縄まで全国で一通り電波を出しています。地方軽視で東京が多いかというと決してそんなことはありません。むしろ都内では同時並行でLTEの基地局建設も進めているので人手が足りず、工事に手こずっているぐらいです。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

宮川潤一(みやかわ・じゅんいち)氏

2006年11月ソフトバンクモバイル取締役専務執行役・技術統括(CTO)。07年6月ソフトバンクモバイル取締役専務執行役員兼CTO(現任)、ソフトバンクBB取締役専務執行役員(現任)、ソフトバンクテレコム取締役専務執行役員(現任)。2010年8月ウィルコム管財人代理(現任)、同年10月Wireless City Planning取締役COO(現任)、同年11月ウィルコム取締役(現任)

スペシャルトピックスPR

IBM1710
nec1710
ipswitch1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます