新製品&新サービス

Beat Communicationが社内SNSの新版 ~モジュール設計でカスタマイズが容易に

文◎太田智晴(編集部) 2011.09.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

国内の社内SNS市場でシェアNo.1(ミック経済研究所調べ)のBeat Communicationは2011年9月27日、社内SNSの新版「Beat Shuffle」を発表した。現在提供中の「Beat Office」の後継となるもので、10月10日にリリースする。村井亮代表取締役社長は「構想から含めると開発に約3年。今までの我々の社内SNSではできなかった数々のことが実現できる」とBeat Shuffleを紹介した。


Beat Communication 代表取締役社長 村井亮氏
Beat Communication 代表取締役社長 村井亮氏


従来のBeat Officeとの大きな違いとしては、まずカスタマイズ性の向上が挙げられる。Beat Shuffleの開発責任者である小原崇氏によれば、Beat Officeのソフトウェアは全体が1つの塊でできているモノリシックな設計になっていたという。モノリシックな設計を採用するのはフェイスブックやmixiなどの一般的なSNSでも同様。ユーザー層やサービス内容が固定されている場合には、モノリシックな設計は高速性や堅牢性などの点で有利だが、短所は柔軟性とのこと。「社内SNSの場合、どうしても企業ごとにカスタマイズが必要になる。しかし、モノリシックな設計では、全体にできるだけ影響を与えないように特定の部分だけ変更を加えなければならず、これまでお客様の要求に応えられないこともあった」(小原氏)という。

そこでBeat Shuffleでは、OSGiを利用したモジュール設計を採用。ユーザー企業からリクエストがあった新機能などを、サービスを継続したままモジュールとして容易に追加できるようになっている。なお、OSGiとはJavaベースのサービスプラットフォーム。デジタル家電連携など、これまでは主にモノとモノをつなぐために利用されてきたが、Beat Communicationでは今回Webサービスをつなぐためのプラットフォームにアレンジして活用した。


OSGiによるモジュール設計の採用で、カスタマイズ性が向上したという
OSGiによるモジュール設計の採用で、カスタマイズ性が向上したという


また、Beat Shuffleでは「いいね!ボタン」やTwitterのような「つぶやき」機能が実装されたほか、ユーザーインターフェースも改善。マルチデバイス対応も実現している(iPhoneとAndroidは12月、フィーチャーフォンは来年2月に対応予定)。さらに今後のロードマップとして、社内SNS同士の企業間連携を可能にする機能を開発中であることも明かされた。


Beat Shuffleのユーザーインターフェース。スケジュール機能も追加された
Beat Shuffleのユーザーインターフェース。スケジュール機能も追加された


Beat Shuffleの利用料金は、年末までに申し込んだケースで100ユーザー月額3万円~。キャンペーン期間後の料金については後日、正式に発表するという。

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます