ホワイトペーパーダウンロード

株式会社シマンテック

あなたの企業は大丈夫?クライアントPC保護の新常識~中堅・中小企業にこそ求められるマルウェア対策とは~

サイバー攻撃の標的は中堅・中小企業にまで拡大しており、深刻な被害につながるケースも急増している。本稿では、主に従業員1,000人未満の中堅企業、300人未満の中小企業の情報システム担当者に向けて、マルウェア対策製品の選定に関する基本的な考え方をまとめ、紹介している。

近年のサイバー攻撃は、その標的が中堅・中小企業にまで拡大しており、インターネット・バンキングを悪用した不正送金など深刻な被害につながる攻撃も急増している。こうした攻撃の侵入経路の大半は従業員が利用するクライアントPCである。これらPCを保護するための手段としてマルウェア対策製品が広く普及しているが、従来型のパターンマッチングによる既知のマルウェア(不正プログラム)検知だけでは十分な効力を発揮しなくなっているのが実情だ。

そこで、本ホワイトペーパーでは、これからのマルウェア対策製品に求められる機能要件を、「未知マルウェア対策」と「脆弱性対策」という2つの観点から考察した。その結果、前者の観点では「ホワイトリスト型ファイル・レピュテーション」と「挙動監視・分析」を、後者の観点では「ホスト型IPSによる脆弱性対策」を、特に重要な次世代機能として位置づけた。

また、中堅・中小企業において導入しやすいマルウェア対策製品の形態として、管理サーバを必要とせずに導入できるSaaS型製品に着目し、その価値についても考察しているので、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

スペシャルトピックスPR

unisys201702
nissho201702
ゼンハイザー201612
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます