ホワイトペーパーダウンロード

アルバネットワークス株式会社/パロアルトネットワークス合同会社

BYOD&Windows XP対策は大丈夫? ~最強タッグで実現するセキュア無線LAN

無線LANが企業に普及するなかクローズアップされているのが、“隠れBYOD”やWindows XP端末によるインターネットアクセスのリスクをどうコントロールするか、という問題。そこで、無線LANと次世代ファイアウォールのマーケットリーダーがタッグを組んだ。

社内LANは変革期の最中にある。

まずは、無線LANの導入加速――。いまや無線LANは、有線LANに代わる“プライマリインフラ”の座に付きつつある。次に、BYODの進展――。いまや社内LANに接続してくるデバイスは、会社で導入した業務PCだけではない。従業員の私物やゲストが持ち込んだPCやスマートデバイスなど、オフィス内にはIT部門の“管理外”のデバイスが数多く存在している。

このように社内LANの状況が変われば、当然セキュリティの在り方も変わらなければならない。そして、無線LAN&BYOD時代のセキュリティを“ベスト・オブ・ブリード”で実現するのが、アルバネットワークスとパロアルトネットワークスだ。

本ホワイトペーパーでは、無線LANとファイアウォールの世界をリードする両社の連携ソリューションについてご紹介します。

スペシャルトピックスPR

macnica1705
arbor1705
yamato1703
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます