ホワイトペーパーダウンロード

ITX株式会社

タブレット・スマホ、ビジネスでどう活用する? Web会議・リモートツールで、外出中の業務を安全に効率化!

Web会議「MORA Video Conference」を展開するITXが、6月に機能を拡充した「Ver10.0」を投入する。Android/iOS対応を実現し、タブレット/スマートフォンを活用しての会議への参加が可能になる。また、リモートツールと組み合わせたソリューションで、顧客の業務支援を強化する。

MORA Video Conferenceは、PCとインターネットを介し、遠隔地と会議を行うことができるWeb会議だ。ID制かつ完全定額制、1つの会議室へ20拠点まで入室でき、会議室はいくつでも利用できる。

ITXは、6月にAndroid/iOS対応したVer10.0をリリースする。これまでの機能に加え、タブレット/スマートフォンからWeb会議への参加が可能になる。使用帯域が少なくなるよう、ASPサーバー側の制御のほか、現行バージョンにも標準搭載の暗号化、そして、電波状況が悪く回線が切断しても、再ログインをすることなく自動的に同じ会議室へ復帰できる自動再接続機能を実装する。

同社は、Web会議とは別に販売しているリモートツールと合わせて提供、外出中の役員や営業が、タブレットなどから決済やメール、グループウエアの確認、遠隔で会議へ参加ができ、帰社出社が困難な災害時や停電などの緊急時であっても、事業活動を継続できるソリューションとして展開する予定だ。

スペシャルトピックスPR

レコモット201611
NECsi201611
ゼンハイザー201612
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます