ホワイトペーパーダウンロード

ソフトバンク株式会社

ソフトバンクの電話会議で「Skype for Business」の導入効果がさらに高まる理由

UCのグローバルスタンダードとして普及が進む「Skype for Business」。実はソフトバンクの電話会議サービスとの連携によって、さらに有効活用することが可能だ。

Skype for Businessの音声品質は、会議参加者のネットワーク環境に依存する。このため、海外や外出先からの接続時には、音声品質が不安定になるケースがある。

そこでSkype for Businessとは別の会議システムを併用している企業は少なくないが、今後そうした必要はなくなる。

ソフトバンクから、Skype for Businessと連携した電話会議サービスが登場しているためだ。世界50カ国以上にローカルアクセス番号を用意し、海外からも安定した音声品質でリーズナブルにSkype for Businessのオンライン会議へ参加可能になる。

本資料では、そのメリットを分かりやすく紹介している。

スペシャルトピックスPR

nissho201702
ゼンハイザー201612
ソナス201612
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます