ホワイトペーパーダウンロード

マクニカネットワークス株式会社

SDN導入に不可欠なビジビリティと目的意識

過去に例を見ない<ネットワーク変革時代>の中でソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)活用に向けた動きが加速しています。本書ではSDN の活用を考える組織に向けて、基本的なSDN の概念と用語を説明し、その利点と導入計画に対する実用的なアドバイスや市場動向についてご紹介します。

「サーバ仮想化」から始まり、「クライアント仮想化」と続き、今や「ネットワーク仮想化」へのアプローチが情報システム部門にとっての最大の関心事として認知されています。

組織がSDNへの移行を検討する中で、目標とするのはSDNのメリットを確保しながら既存のインフラストラクチャを活用することで初期コストを抑制し、移行時にありがちな業務の中断を最小化することといえます。

しかし、そのために必須となるのがトラフィック・ビジビリティの効果を理解することです。

SDNの移行の開始から終了までの全過程において、トラフィックの経路とベースラインを理解していれば、移行によってCAPEX(設備投資)とOPEX(運用コスト)を削減し、セキュリティ強化も実現することが可能となります。

本ホワイトペーパーではSDN導入の鍵となるネットワークビジビリティについてご紹介します。

スペシャルトピックスPR

softbank201701
panasonic201701
nttsoft201701
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます